FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

51.茨城県北浦のヨシ帯と護岸帯での魚類群衆構造の比較

(碓井(東京大学院)ら,日本水産学会誌 80(5),2014)

「この季節なら護岸のハードボトムだ。しかもこの風でベイトは護岸に吹き寄せられる。」
「いや、フィーディングに来るバスはヨシ帯にいる。今の時間帯はヨシ原だ。」
喧々諤々。いいのだよ、それで。考えて考えてバスの居場所を推理するのだ。それをやらずして何のバスフィッシングだ。何がおもしろいのだ。

前回「50.水草の密度と大きさからバスの有無を知る」では、水草帯の密度によりバスの捕食位置が変わってくることを示した。ではその水草帯にはどのような魚が潜んでいるのだろうか。
そして水草帯と対比される護岸帯には、どのような魚がいるのか。本研究では我がホームレイク北浦でヨシ帯と護岸帯に棲む魚類を捕獲し比較した。
論文を読み進めよう。

碓井らの調査した北浦は、言わずもがなの関東のメジャーバスレイク。そこは今回の研究テーマとは関係なく、筆者のテーマは「ヨシ帯の減少が湖の生態系にどのような影響を与えたか」であった。日本の大多数の湖と同様、北浦においても護岸のコンクリート化が進み、自然なヨシ帯はほとんどと言っていい程、残されていない。わずかに流入河川沿いに残っている程度だ。さらに護岸帯においては、垂直護岸に当たった波の反射波が周囲のヨシを倒壊させることで、さらにヨシ帯が減少していく。
本研究では雁通川流入部に位置し波の影響を受けにくい波崎と、西岸のフラットな湖岸線にある爪木を調査地点に選び、各々の地域にあるヨシ帯と護岸帯から小型地引網により魚類を採集し、春から夏にかけての生息魚類の違いを調査した。

51-Fig1.jpg

採集は2009年と2010年の4,6,8月。小型地引網は袖網長4mで岸に沿って人が砂泥底表面を20mにわたって歩き採集した。即ちヨシ帯の中の魚は採集できていない。ここは要注意。
採集された全魚種をTable.1に示す。

51-Table1A.jpg

表中赤字には魚種の学名に日本語表記を付記した。
表中のFGは各魚種の食性を表し、Bは底生無脊椎動物食、Fは魚食魚、Pは植物食魚、Tは陸生昆虫食魚、Zは動物プランクトン食魚を示す。採集年度下のRSはヨシ帯、BHは護岸帯を示す。
同時に各水域での水温・電気導電度・溶存酸素量を測定した。その結果、水温、水質については季節変動はあるものの地域間の差はないことが分かった。ヨシ帯と護岸帯で水質の差はないのだ。

では採集された魚種について詳しく見て行こう。筆者は統計的手法を用いて分析しているが、ここではTable.1について読み取れることをザックリと述べていきたい。
まず採集された魚類の総数を見ると、ヨシ帯の方が護岸帯よりも多い。特に宇崎ではヨシ帯では護岸帯の約2倍の魚類が採集されている。次に宇崎と爪木の比較では、宇崎の方が圧倒的に多かった。その比は8~11倍になる。やはり宇崎は1級スポットなのだ。

次に魚種毎の比較だが、ヨシ帯で多い傾向にあった魚種は、ヨシノボリ、ヌマチチブ、クルメサヨリ、ブルーギル。特にブルーギルの多さに驚かされる。モッゴ、ウキゴリもヨシ帯に多い。
一方、シラウオは護岸帯に多く、ワカサギはヨシ帯・護岸帯の差はなかった。この2種が護岸帯に多いのは食性によるものだろう。主に動物性プランクトンを食べているシラウオとワカサギは、それが多く出没する護岸帯をクルーズしているのだと推察される。
一方、ヨシノボリやモッゴ、クルメサヨリ等は植物食か底生無脊椎動物食なので、それらの生息するヨシ帯を好む。もちろんバス等の捕食者からの隠れ家としてヨシ帯を利用しているという側面も見逃せない。

北浦で風が強く吹き付けた時のシラウオパターンはよく知られる戦略だ。しかしそれを狙うのなら護岸帯とだいう事は憶えておいて損はない。逆に護岸帯で底生のヨシノボリを模したワームでジグヘッドと言うのも、ちと違うかな。

また注目されるのが、採集された魚類の中にオオクチバスがほとんどいない事。総数としてブルーギル:4105尾に対して、オオクチバスはたったの21尾。これはないだろう。おそらくは採集が徒歩での地引網という事から、バスは人の気配を察知して逃げてしまったのだろう。対して小さなベイトフィッシュは大きく泳いで逃げることができず、間口4mという大きな網に捕まったと考えられる。
また、地引網がヨシ帯の中までは入り込めていない事にも留意したい。ヨシノボリやウキゴリ等のヨシの中に潜んでいる魚は捕らえられていない。おそらくこれらの魚種はヨシ帯の中にもっと多く生息しているはずだ。


なおヨシ帯に生息する魚類については、「20.茨城県北浦のヨシ帯における魚類群集構造の季節変化」で同じ筆者らが詳しく調査しているので、こちらも参考にされたし。

50.水草の密度と大きさからバスの有無を知る

「外来魚による捕食を軽減する植生の効果」
   坂野(水産総合研究センター)日本水産学会,78(5),988-990(2012)

バスはAmbush Predator、すなわち獲物を待ち伏せして捕食するのが基本的な生存戦略だという事を、「44.バスの遊泳能力はどれほどなのか?」で述べた。
芦原の奥の奥に潜んでいるバスをフリッピングで叩くと言うのは、特に夏のバスの基本的攻略法の一つだ。
一方で水草が密度濃く生い茂る植生の中は、ベイトフィッシュにとっては格好の隠れ家になる。水草がびっしりと生い茂る広い植生エリアにはバスは入り込めないか、入れたとしても小魚たちに容易に逃げられてしまう。
ならばその境目があるはずだ。どんな水草エリアならバスは入り込んでベイトを捕食しようとするのか?どこまで密集すればバスは入れこめなくなるのか?

本論文はここに着目し、在来魚保護の観点からどの程度の密度、どの程度の大きさの植生であれば、在来魚がバスの攻撃から逃れられるのかを実験により確かめた。裏を返せば、ここで述べられた密度・大きさの植生エリアの中にはバスはいない、という事だ。我々バサーにとって大いに参考になるかもよ。

坂野は、直径2m、高さ1.2mの円形の実験用水槽にモツゴオオクチバスを放し、その中央に植生としてクサヨシを規定量配置し、一定の実験期間を経過した後のモツゴの生存匹数を比較した。実験に使用したクサヨシは水辺で普通に見受けられるイネ科の抽水植物。

クサヨシ

これを鉢に植えて所定の密度、面積で実験水槽に並べて行った。
 A) 低密度:125本/㎡
 B) 高密度:250本/㎡
 a) 小面積:水槽の40%=1.26㎡
 b) 大面積:水槽の80%=2.51㎡
小面積ではクサヨシ帯の周囲に37cmのスペースが残り、大面積では11cmしか残っていないことになる。

50-図1

ここに大型モツゴ(4.0g)4尾と、小型モツゴ(1.4g)16尾、オオクチバス2尾を投入し、2週間観察実験を行った。実験期間中の水温は14.9℃から20.7℃と言うから、バスは活発に活動できる環境だ。
植生密度125本/㎡はクサヨシ1本当たり80㎠、すなわち約9cm毎にクサヨシがびっしりと並んでいることになる。同様に250本/㎡なら1本当たり40㎠、すなわち約6.3cm毎に並んでいる。かなりのジャングルだ。

さて2週間にわたる実験の後、オオクチバスに捕食されずに生き残ったモツゴの数が問題だ。

50-図2

図2に示されたのは、植生の面積を無処理・小面積・大面積と変えた場合のモツゴの生存尾数である。植生の面積が大きくなるほど、小モツゴの生存尾数が増えていく
一方、植生の密度を変えた実験では、密度の大小による生存尾数の差は見られなかったと言う(具体データなし)。
ここから筆者は、在来魚をオオクチバスから保護するためには、ある程度の植生の広さが必要であると結論付けた。

植生密度については他の研究者による、ベイトとしてブルーギルの仔魚、捕食魚としてオオクチバスを用いた実験により、植生密度50本/㎡まではバスはブルーギルを摂餌できるが、250本/㎡ではほとんど摂餌できなくなることが確認されている。
また別の研究者が、ベイトとしてブルーギルとファットヘッドミノーを用い、植生密度1000本/㎡の疑似水生植物(イミテーションであろう)と共にオオクチバスの摂餌活動を観察した実験では、バスは植生の中に入り込んでブルーギルを捕食した。一方でファットヘッドミノーに対しては植生の外側で待ち伏せして捕食するという行動を見せた。
ファットヘッドミノーとは北米大陸に生存するハヤの仲間だ。おそらくは1000本/㎡(すなわち3.1cm毎に1本)という密な植生の中での遊泳能力の差が、ブルーギルとファットヘッドミノーに対する摂餌活動の差に繋がったのであろう。むしろ3.1cm毎などというジャングルにバスが突っ込んでいって仔ギルを捕食できる事が驚きだ。この点は前述の研究と食い違っているが、自然科学の分野ではよくある事と思った方が良い。実験条件のちょっとした違いで結果が異なってしまう。


これらをまとめると以下のようになるだろう。
①ベイトフィッシュは水草の植生の中に隠れてバスの襲撃を逃れることができる。水草が密に生い茂っているほど、植生エリアが広いほど、ベイトフィッシュは逃げやすい。
②3.1cm毎に水草が生い茂るような密な植生エリアでは、バスはシャッドの類を捕食することは難しい。この場合、バスは植生の外側でシャッドを待ち伏せる戦略を取る。
③6.3cm毎に水草が生い茂っている程度の植生であれば、バスはその中でベイトフィッシュを捕食できる。特に仔ギルのような遊泳能力の低い魚は容易に捕食する。


水草はベイトフィッシュにとっての隠れ家になるのと同様、バスにとっても格好の隠れ家になる。釣り人によるプレッシャーが高ければなおさらだ。その意味からも水草エリアは重要なポイントなのだ。さらにその植生密度に注目することにより、水草エリアの中を狙うべきか、外を狙うべきかが判断できる。何でも中がいい訳じゃない。

これからは水草の密度にも着目して釣りをするとしよう。

49.琵琶湖底層の溶存酸素濃度と台風の関係

前回前々回に引き続き、台風19号の琵琶湖底層に与えた影響を考えてみたい。元資料は滋賀県琵琶湖環境科学研究センターの琵琶湖の水質調査データである。
 https://www.lberi.jp/learn/biwako/water

前回の考察で、今回の今津沖中央底層部に生じた溶存酸素濃度の飛躍的上昇は、台風の強風による全層循環とは言い切れないのではないか、という疑問点を提示した。もっと長いスパンで比較しなければならない。そう考えて同データの10月第1週から第2週の間の底層の溶存酸素濃度を、年度毎に比較した。

琵琶湖底層

琵琶湖環境科学研究センターの公開データから10月第1週から第2週の間の底層の溶存酸素濃度をプロットしたものが上図である。琵琶湖第一湖盆の底層部の水は一年を通じてほぼ固定され、初春に湖水温が最低となり全層循環を発生するまでは、水温も溶存酸素濃度も急激な変化は示さない。この場合には10月第1週と第2週の間の溶存酸素濃度は変化を示さず、図の青点と赤点はほぼ重なる。春になってターンオーバーが全層に渡った時、初めて底層の溶存酸素は増加し、グラフは上方に動いていくことになる。
そこでは2019年を除いて、この期間に大きく溶存酸素濃度が変化した年度はない。2019年のデータだけが10/12に飛来した超大型台風19号の強風のために底層水が循環し、10/7と10/16の溶存酸素濃度に飛躍的な変化が生じた、とされている。

ちょっと待て。超大型台風なら2019年以前にも飛来している。記憶に新しいのは2017年の台風21号。近年では初めてとなる超大型台風の来襲として話題となり、全国で10名もの犠牲者を出してしまった。この台風の上陸は2017/10/23。上図のタイミングのもう一つ後のデータを調べればよい。
すると、

台風

2017年は、2019年と同様の飛躍的変化を示していたのだ。その後、2017年の底層の溶存酸素濃度は3.6mg/Lまで漸減したが、湖底水温が例年よりも高い8℃程度であったため、翌年の1月中旬には全層循環に至っている。

今年のパターンと非常によく似ている。この10月の台風直後に表れた湖底水の溶存酸素濃度の増大を「全層循環」と言っていいかは疑問だが、比較的湖底水温の高い2019年にあっては、来年の早い時期に全層循環を迎えるのではないだろうか。

つまり今年の琵琶湖の様相は2017年に非常に類似しているのだ。琵琶湖をホームレイクとしている諸君は2年前のことをよ~く思い出してみるべきだろう。
・バスはどこで釣れた?
・どうやって釣れた?

それらを思い出せば、これからの季節を先回りしておいしい釣りができるかも知れない。

真のデータフィッシングとはそう言うものだ。先週どこでバスが釣れたなんて言うネット情報を追いかけまわす事じゃない。
俺はそう思うよ。

48.琵琶湖水深別水質調査における溶存酸素濃度

前回は京都新聞に掲載された記事についてコメントしたが、その元データは滋賀県琵琶湖環境科学研究センターの琵琶湖の水質調査データだ。
 https://www.lberi.jp/learn/biwako/water

滋賀県琵琶湖環境科学研究センターでは毎月2回琵琶湖の水深別水質調査を実施しており、随時データを公開している。京都新聞の記事は2019/10/21までのデータについて述べており、10/16の時点で第一湖盆底層溶存酸素濃度が一気に上昇し、例年並みとなったとされていた。これは10/12に通過した台風19号による強風のため、全層循環がなされたためであると推測している。

しかし私は、全層循環であれば表層温度も一気に下がっているべきだと考え、その矛盾が引っかかっていた。今回、滋賀県琵琶湖環境科学研究センターの全データを入手し、再検討してみた。ここには10/21以降のデータも含まれている。それを京都新聞と同じフォーマットでグラフ化した。

琵琶湖循環

2019/10/16のデータでは確かに、それまでの底層の溶存酸素濃度は例年に比べ大きく下回っていたものが、2018年の同時期のそれに追いついた形となっていた。しかしその後の推移を追跡すると、11/9時点では再び2018年データから大きく下回る数値となっている。
そこで同地点の水温データについて比較した。今津沖中央部の表層(0.5m)と底層(水深90mの底から1m地点)の水温の変化を下図に示す。

琵琶湖水温

図には、季節により表層水温が大きく変化しているのに対して、底層水温はほぼ一定で推移している。そして2019年の底層水温は2018年に比べて終始約1℃高くなっている。これは台風19号の通過した10/12前後にあっても変わっていない。

水温から見る限り、10/12に全層循環が起こったとは考えにくい

では2019/10/16の溶存酸素データは何だったのか?仮説をいくつか挙げてみる。

a. データの揺らぎの範囲内
 より長い目で見れば、本年度程度の低酸素状態はあり得ることであり、取り立てて珍しいことではない。
b. 局所的データだった
 局部的なターンオーバーは確かに発生したが、全層をかき回すほどの規模ではなく、全体としての溶存酸素濃度は台風前に戻っていった。
c. 誤測定
 台風により測定器・送信機等に異常が生じ、誤差を含んだデータが測定された。

私としてはa.の可能性が高いように思えるのだが。。。
もう少し追跡調査してみよう。

 49.琵琶湖底層の溶存酸素濃度と台風の関係
につづく

47.「琵琶湖、台風19号の強風で深呼吸」の持つ意味

11月20日付けの京都新聞に
琵琶湖、台風19号の強風で「深呼吸」 接近後に酸素濃度一時回復
という記事が掲載された。
biwako.jpg
                (京都新聞 11/20配信より転載)

憶えているだろうか? 昨冬の高温の影響で、今年の初春に琵琶湖は全層循環が発生しなかったのだ。北湖今津沖の第一湖盆と呼ばれる100mを超える最深部の水まで、表層の水が循環することなく春を迎えてしまっていたのだ。詳しい考察は「琵琶湖がターンオーバーしていない事の影響について」で述べている。
この時に指摘した通り、第一湖盆の湖底ではイサザやヨコエビが死滅し、その死骸が発見されていると言う。私は合わせて、ベイトフィッシュの分布にも影響を及ぼし、それは即ちバスの居場所にも影響するのではないかと指摘した。今年のこの水域でのバスの釣果がどうであったか情報を持っていないが、少なくとも底層生態系への影響は大きかった。

その第一湖盆が台風19号の影響により湖底水までターンオーバーしたのだ。例年であれば秋の進行に合わせて、湖の表層部から次第に水温が低下し、次第に深部にまで及んでいくフォールターンオーバーが、今年は10月12日の台風の日に一気に湖底部まで進んだことになる

フォールターンオーバーという現象については、バサーであれば今さら、という感じであろうが、「3.琵琶湖における水温、水流の年間変化」で詳しく述べているので、ご興味あればリンクをたどってほしい。
この変化が一日で終了してしまったことになる。

琵琶湖の秋冬の釣りは一変するんじゃないか?
少なくとも台風一過で濁ってしまった湖水は、実は雨風による濁流の流入によるものだけでなく、湖底からのターンオーバーによる濁りが加わっていたのだ。気が付かなかった!

台風以降の釣果って例年と比べてどうなっているのだろうか?
ただ、よく分からなないのは、溶存酸素濃度は湖底水まで混ざり合ったことを示しているようだが、その割に水温が変化していないこと。知りえた限りでは、台風前後で少なくとも表層水温は20℃前後で変わっていない。琵琶湖の湖底水は1年を通じて約5℃。これが全層循環していれば、表層温度も一気に下がっていいはずだが?

もう少し考えた方がよさそうだ。
 48.琵琶湖水深別水質調査における溶存酸素濃度
 49.琵琶湖底層の溶存酸素濃度と台風の関係
につづく
バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム