FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

釣られるのはバス? 人間?

「春限定カラーが新発売! ツートーンカラーがバスを誘う!」
「逃げ惑うベイトの動きがバイトを呼ぶ。」
「ボリュームあるシェイプが魚にアピール。」
ショップには「新製品ルアーのキャッチコピーが並ぶ。確かに従来品とは少し違うカラーやフォルムで、我々バサーの購買欲を掻き立てる。
ひょいと商品棚の上のモニターを見れば、バスビデオでバスプロ達がはやし立てる。
「さすが〇〇の新作クランク。この動きが今のバスに効果的なんです。」
「このツートーンカラーが今の季節にフィットする、必殺のワームだね。」

買っちゃおうかなぁ。。。友人Aも仕入れたみたいだし。。
ダウンロード

待て待て、彼らはメーカーお抱えのプロだぞ。そこの新作ルアーで釣ることをアピールするのが仕事なんだ。昔のルアーで釣っても彼らには何の意味もない。釣りチャンネルのバス番組だって一緒。スポンサーあってのバスプロ、バス番組であることを忘れちゃいけない。
それにメーカーは池に数100匹もバスを飼っていて、数多くの試作品をその池で実験したのか? 数10種類もある試作品から一番釣れたルアーを厳選して発売したのか?そんな事はやらないよね。絶対。
そのルアーで一番先に釣られるのは我々バサーなのだよ。別にバスにアピールしなくても、客にアピールできればいいの。だから目先を変えた新製品を次から次へと送り出しているの。そうしないと売上が落ちちゃうもんね。メーカーが研究しているのは、バスに効果があるルアーじゃなくて、客の購買意欲を煽り立てる仕組みなのだ。Aみたいに簡単に引っかかってくれる人間のおかげでメーカーは経営が成り立っている。えらいぞ、A!

確かにバスも学習する。だから年がら年中、目の前を通り過ぎる同じようなルアーには見向きもしなくなる時が来るだろう。この辺は「8.オオクチバスの釣られやすさに見られる個体差」でも紹介した通りだ。そんな時に見たこともないルアーが現れたら、思わず「口を使う」こともあるだろう。でもそれは別に新製品じゃなくてもよい。今は誰も使わなくなってしまった古いルアーは、新製品と同じくらい効果を発揮する。

魚と話せる人間をどこかから見つけてくればいいんだよね。
「あの色、魅惑的ってバス君が言ってます。」
「その右のバス君はそのスピナベの動きは嫌いだそうです。」
すごいぞ~。スーパーなルアーができちゃうぞ。

えっ、そんなヤツはいない? ですよね~。だったらマジメにバスで実験して、新製品を開発してほしいな。旧品Aのヒット率は5%だったが、新製品Xのヒット率は15%で効果絶大とか。データ付きで発売してくれよ。某バスプロが試したら釣れましたなんて、何のデータにもならないんだよ。

完全なるバックラッシュ対策 ~ 後編

完全なるバックラッシュ対策 ~ 前編」でベイトキャスティングリールの現在のブレーキシステムの根源的誤りを指摘した。現在の遠心ブレーキや電磁ブレーキでは、キャスト時のルアー飛翔が最高地点に到達して速度が最小になった後、加速していくスラーに対して過度なブレーキを掛けることで飛距離を大きくロスしてしまうのだ。

図3に横軸に距離を取ってルアーの軌跡と、ブレーキ力を表した。さてここからが問題だ。現在の遠心ブレーキはスプールの回転速度、すなわちルアーの飛翔速度に比例してブレーキが掛かる。それは図3の赤線のようになる。上述の通り飛翔速度はルアーが最高到達点に達した時点で最小となるので、ここでバックラッシュをおこさないように飛翔速度の低下するのに合わせるように、あるいはそれよりもブレーキによる抵抗がより大きくなるように調整しなければならない。するとルアーが落下に転じて速度を増してきた時には、余計なブレーキを掛けることになり、図3に示したような理想的な飛翔曲線よりも短かな曲線を描いて水面に落下することになるのだ。

 もう一つ、より切実な問題は、
①キャストでのリリース直後の、急激な回転立ち上がり時の、過剰なスプール回転によるバックラッシュ
水面に落下した時のバックラッシュ
これはアングラーが経験に基づいて自らサミングを行わなければいかんともしがたいのが現状だ。
では、どうするのが理想なのか?
 
それを理想化したブレーキ力はどうなるのか。図3の黒線で示してみた。 

No6-fig2.jpg

順を追って説明すると
①キャスト直後の急激なスプールの回転立ち上がり時に一瞬ブレーキを賭け、過回転を防止する。
②飛翔開始後、最高地点到達までは、ゆっくりとブレーキ力を緩めていく。
③最高到達点以降の加速プロセスではブレーキ力を0とする。
④ルアー着水時にブレーキ力を最大とし、スプールを停止させる。

①はアングラーは無意識にやっているのだ。キャスト時のリリースは、サミング力を 1→0 にいきなり開放しているのではなく、ごく短時間だが徐々に力を抜いて立ち上がり時の過回転を防止している。試しにホントに 0→1 のリリースをしてみるといい。一発でバックラッシュだ。
②もこれまでのブレーキシステムの延長だ。
③はちょっと工夫が必要。でも可能だ。
問題は④。これはそこそこメカトロ的(もう死語?)細工がいるね。どうしようか? じつはこれが1年前に「ちょっと待ってて」と書いた理由なのだ。
え~、事務手続きが滞っているので、まだ言えません。思わせぶりですいません。

でもひょっとすると、画期的新製品を世に出せるかもよ。

完全なるバックラッシュ対策 ~ 前編

バックラッシュはなぜ起こる」で思わせぶりな書き方をしてから早や1年。
再び世に問おう。「ベイトリールのバックラッシュを完全に防ぐためには、どうすればよいか?
ベイトリールの最大の弱点はキャストミスした時に発生するのだが、まずは普通にキャストしてもブレーキフリーにしておくと発生してしまうバックラッシュについて解析していく。

それはルアーの飛翔軌跡を追って飛行速度を求めれば、自ずと理解できる。そんなに深く考えなくても、ボールを真上に投げた時のことを考えれば、容易に分かるだろう。ボールを投げて頂点に達したらボールの速度はどうなるか?そう停止するのだ。そこから落下が始まる。
そこにラインが付いていて、ベイトリールから糸が繰り出されていたら?同じ速度でスプールが回転し続けていれば、当然ラインは繰り出されず、スプールは空転する。バックラッシュ!それを防ぐためにはスプールのラインの状態を見ながら、適度にサミングをする。
もしくは適当な自動ブレーキを掛ける。この自動ブレーキが、遠心ブレーキであり、電磁ブレーキである。がしかし、これらの自動ブレーキは「スプールの回転速度が速いほど、強くブレーキを掛ける」ようにできている。これって正解なのか? 前述の上に投げ上げたボールの例でも分かる通り、不正解なのだ。では正解は?計算してみよう。高校の物理レベルだ。

ルアーのx方向、y方向の初速を、(Vx,Vy)とすれば、t秒後の位置(X、Y)は理想的には
  X=Vx・t
  Y=∫(Vy-gt)dt = Vy・t-gt^2 / 2

これに空気抵抗と糸の抵抗が加わる。本当はもっと複雑なのだが、ここでは抵抗力Fは飛翔速度に比例すると仮定する。抵抗力Fによる飛翔速度の減衰分Vfは、抵抗係数をαとすると
  Vf=αV=α(Vx^2+Vy^2)^0.5
具体例を挙げよう。角度45°上向きに初速28.28 (m/s)、即ちx,y方向とも初速20 (m/s)でルアーを投げ放つ。今、抵抗係数αを0.3 (m/s2) と仮定する。
これをグラフで表すと図1のようになる。

No6-fig1.jpg

横軸は時間、縦軸はx,yについては位置、vについては速度を示す。y方向にはキャスト1.5秒後に最高到達点 13.8 mに達し、x方向には4.4秒後に47.7 mで水面に落下する。かなりなロングキャストだ。そして飛翔速度vはキャスト後しだいに小さくなり、2.1秒後に最小速度11.4 m/sとなった後、ルアーが落下に転じたことにより再び速度を増し、落花時には16.7 m/sで水面に達する。
図2にルアーの飛翔曲線を示した。こっちの方がわかりやすいかな。遠心ブレーキが掛かって後半の飛翔が鈍っていることが見て取れる。

No6-fig3.jpg

ね、もったいないでしょ。今のベイトキャストリールのブレーキシステムは、飛距離的にも損をしているのだ。
では理郎的で完全なブレーキとは何だ? 

後半に続くのだ。

続・釣り具業界再編成

 と銘打つほどの情報はないのだが、業界再編の引き金を引いたのはリョービとシマノであろう。
アルミダイカストのトップメーカーだったリョービが釣り具の製造販売を始めたのは、1960年代の後半。噂ではダイワから技術者を引き抜いてリールの開発を行ったらしい。ほどなくロッドも販売され、総合釣り具メーカーとして当時のビッグ2:ダイワとオリムピックを脅かす存在となった。
 しかし2000年には事業の不採算により釣り具から手をひき、リョービブランドは丸ごと上州屋に譲渡されることとなる。現在のリョービブランドの釣り具は、リョービから引き継いだ生産設備により上州屋が製造販売している。ただ、かつての総合メーカーの面影はなく、細々といくつかのスピニングリールを生産しているに過ぎない。

 遅れて自転車部品の雄、シマノが1970年に釣り具業界に進出する。持前のギア技術を核に性能を前面に打ち出したリールは、瞬く間に業界を席巻し、ダイワに迫る地位に上り詰める。ここもほどなくロッドを含む総合釣り具メーカーへと変身し、現在は世界を市場にダイワとトップを争っていると言ってよい。もちろん本業の自転車や機械部品を含めれば、総売上高はダイワを大きく上回る。
 リールについて比較すれば、個人的な印象だがシマノは機械本来の精度性能を高めていくというスタイルなのに対し、ダイワは新素材や新機構をいち早く取り入れていくというスタイルか。どちらも捨てがたい。

 そしてかつてのトップメーカーであったオリムピック。オリムピックは1992年にカメラメーカーのマミヤ光機と合併し、マミヤOPとなった。マミヤのカメラはプロ仕様の6*8等の大中判カメラが中心であったが、その後、別会社へ事業譲渡さてている。同じく釣り具事業も不採算により、2000年に現オリムピック社に工場ごと事業譲渡された。
 かつてのオリムピックといえばリールが代名詞だったのだが、現オリムピックはロッドに特化しているようだ。それでもブランクスから生産できる数少ないメーカーとして、独自性を保っている。
 ではマミヤOPは本来のカメラと釣り具から撤退してどうなったかと言うと、光学技術を活かした紙幣識別機や券売機、パチンコの玉貸機なんかを製造している。

 諸行無常だね。業界再編成はいかにも日本らしく、巨人が中小を飲み込むというよりも、別会社にバトンタッチされていきながら変遷を繰り返していった。メーカーの個性が生き残ったという面では、良かったのかもしれない。

 一方、海外の諸メーカーはと言うと、Pure Fishing にほぼ1本化されていった。スウェーデン・アメリカのABU Garcia, アメリカのPENN, Shakespere, フランスの Mitchell, ロッドではFenwick, イギリスのフライロッド Hardy, お馴染みのBarcley, ラインのSpider, Trilane 、全部 Pure Fishing だ。世界にはあと何が残っているの?ZEBCOとLew's, Falcon くらいか? 今のところ資本統合されただけで、個々のメーカーの独自性は保っているように見える、表面上は。でもどうだろう、普通の経営者なら、資源の合理化とか言って部品や機構の共用を考えるだろうな。

 ABUがABUでいられるのは、いつまでなんだろう・・・
 


釣り具業界再編成

前回繋がりで、もう少し過去の釣り具メーカーのその後を調べてみた。
俺が釣りキチ少年だった頃の日本のメーカーは、今とはだいぶ構成が異なっていた。
①オリムピック → マミヤOP
②ダイワ
あとは中小だな。シマノもリョービもまだ参入していない。
リールなら
 ミヤエポック
 ダイヤモンド
 あのパナソニックも電動リールを出していたんだよ。
ロッドなら
 TFRワールド
 NISSIN

他は思い浮かばない。高級品と言えばABUやMichellだったよな。中学生の時にお年玉を貯めてMichellの410を買えたのが、うれしくって嬉しくって!
まだ持っているんだぜ。見て見て! 45年ものだぁ。誰か買ってくれないかな・・・

DSCN3419.jpg


バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム