プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

続・釣り具業界再編成

 と銘打つほどの情報はないのだが、業界再編の引き金を引いたのはリョービとシマノであろう。
アルミダイカストのトップメーカーだったリョービが釣り具の製造販売を始めたのは、1960年代の後半。噂ではダイワから技術者を引き抜いてリールの開発を行ったらしい。ほどなくロッドも販売され、総合釣り具メーカーとして当時のビッグ2:ダイワとオリムピックを脅かす存在となった。
 しかし2000年には事業の不採算により釣り具から手をひき、リョービブランドは丸ごと上州屋に譲渡されることとなる。現在のリョービブランドの釣り具は、リョービから引き継いだ生産設備により上州屋が製造販売している。ただ、かつての総合メーカーの面影はなく、細々といくつかのスピニングリールを生産しているに過ぎない。

 遅れて自転車部品の雄、シマノが1970年に釣り具業界に進出する。持前のギア技術を核に性能を前面に打ち出したリールは、瞬く間に業界を席巻し、ダイワに迫る地位に上り詰める。ここもほどなくロッドを含む総合釣り具メーカーへと変身し、現在は世界を市場にダイワとトップを争っていると言ってよい。もちろん本業の自転車や機械部品を含めれば、総売上高はダイワを大きく上回る。
 リールについて比較すれば、個人的な印象だがシマノは機械本来の精度性能を高めていくというスタイルなのに対し、ダイワは新素材や新機構をいち早く取り入れていくというスタイルか。どちらも捨てがたい。

 そしてかつてのトップメーカーであったオリムピック。オリムピックは1992年にカメラメーカーのマミヤ光機と合併し、マミヤOPとなった。マミヤのカメラはプロ仕様の6*8等の大中判カメラが中心であったが、その後、別会社へ事業譲渡さてている。同じく釣り具事業も不採算により、2000年に現オリムピック社に工場ごと事業譲渡された。
 かつてのオリムピックといえばリールが代名詞だったのだが、現オリムピックはロッドに特化しているようだ。それでもブランクスから生産できる数少ないメーカーとして、独自性を保っている。
 ではマミヤOPは本来のカメラと釣り具から撤退してどうなったかと言うと、光学技術を活かした紙幣識別機や券売機、パチンコの玉貸機なんかを製造している。

 諸行無常だね。業界再編成はいかにも日本らしく、巨人が中小を飲み込むというよりも、別会社にバトンタッチされていきながら変遷を繰り返していった。メーカーの個性が生き残ったという面では、良かったのかもしれない。

 一方、海外の諸メーカーはと言うと、Pure Fishing にほぼ1本化されていった。スウェーデン・アメリカのABU Garcia, アメリカのPENN, Shakespere, フランスの Mitchell, ロッドではFenwick, イギリスのフライロッド Hardy, お馴染みのBarcley, ラインのSpider, Trilane 、全部 Pure Fishing だ。世界にはあと何が残っているの?ZEBCOとLew's, Falcon くらいか? 今のところ資本統合されただけで、個々のメーカーの独自性は保っているように見える、表面上は。でもどうだろう、普通の経営者なら、資源の合理化とか言って部品や機構の共用を考えるだろうな。

 ABUがABUでいられるのは、いつまでなんだろう・・・
 


釣り具業界再編成

前回繋がりで、もう少し過去の釣り具メーカーのその後を調べてみた。
俺が釣りキチ少年だった頃の日本のメーカーは、今とはだいぶ構成が異なっていた。
①オリムピック → マミヤOP
②ダイワ
あとは中小だな。シマノもリョービもまだ参入していない。
リールなら
 ミヤエポック
 ダイヤモンド
 あのパナソニックも電動リールを出していたんだよ。
ロッドなら
 TFRワールド
 NISSIN

他は思い浮かばない。高級品と言えばABUやMichellだったよな。中学生の時にお年玉を貯めてMichellの410を買えたのが、うれしくって嬉しくって!
まだ持っているんだぜ。見て見て! 45年ものだぁ。誰か買ってくれないかな・・・

DSCN3419.jpg


世界の釣り具業界図

「バックラッシュはなぜ起こる」で紹介したBerkley社の特許を見て、Berkleyがリール?と思ったのがきっかけで、世界の釣り具メーカーについて調べてみた。
ぱっと思いつくメーカーを挙げると
Reel・・・シマノ, ダイワ, リョービ, Abu-Garcia, PENN, Mitchell, Shakespere, Lew's, Zebco,
Rod ・・・シマノ, ダイワ, Abu-Garcia, Fenwick, Hardy, Lew's, Falcon
あとは国内外の中小メーカーかな。案外少ないな。
で、Berkleyについて改めてHPを調べると、Rodは作っていた。Reelはないな、たぶん。OEMでブランド名だけの製品があるのかも知れない。

こう見てみると、ダイワとシマノは今や2大メーカーなんだな。ダイワはいつの間にかグローブライドなんていう社名に変わっちゃったけど。規模で言うと、ダイワのフィッシング部門が2016年3月期の売上高で650億円。シマノは同じくフィッシング部門で640億円と、ちょっとだけダイワに遅れを取っている。
また第3勢力だったリョービは2000年に上州屋にブランドを委譲している。2000年時の売上高は55億円だった。ちなみに上州屋の1号店をご存知だろうか?俺の小学生の頃、北千住にあって当時から激安店で、地元の釣り好きが殺到していたごちゃごちゃした店だった。

対して海外勢はと言うと、上記に列記したメーカーの内、青字で示したメーカーは全て合併して1つの会社になっていた。みんなまとめて Pure Fishing Inc.と言う。これまた知らなかった。で、その売り上げはと言うと、よく分からないのよ。と言うのも Pure Fishing もまたNewell という親会社の下に組み込まれていて、単独の売上高が出てこない。Newell はキッチン用品や文房具からアウトドアの Coleman、野球用品の Rawlings、ベビー用品のAprica まで配下に収め、総売上高は $4.14 billion 、約4200億円ほどになる。たぶん、たぶんだがフィッシング部門はダイワ、シマノといい勝負じゃなかろうか。

そう言やぁ、メガバスもZAELも倒産しちゃったんだよね。バスブームが去った今、残っているメーカーこそ本物かもしれない。

バックラッシュはなぜ起こる?

 ベイトキャスティングリールの宿命ともいうべきバックラッシュ。これまでに釣り具メーカー各社から「バックラッシュしにくいリール」なるものはいくつも発売されているが、根本的にバックラッシュを皆無にするなどということはできていない。例えば、スキッピングでルアーをブッシュの奥に送り込もうとして、木に引っ掛けた。もっと端的な例では、遠投しようとフルキャストしたルアーが、リリースが遅れて目の前にドボン。それでもあなたのリールはバックラッシュしません? しちゃいますよね?

 なぜバックラッシュが起こるのか。それは、「リールから繰り出されていく糸の量より、スプールの回転数が早くなってしまうから」。それが、風による抵抗や、糸の重量を受けて徐々に繰り出される糸の量、すなわちルアーの飛行速度が遅くなる分には、最新のブレーキ機構で対応可能だろう。
 たとえば遠心ブレーキ。もう古典的と言っていい方法だが、スプールと一体に回転するブレーキ機構が、過剰回転による遠心力を受けて外側に飛び出すブレーキシューの摩擦力により、スプールの回転速度を遅めるもの。代表的特許としては、シマノ実案平3-79665が挙げられる。
 より新しい技術としては磁力ブレーキのが挙げられる。これはスプールに取り付けられた磁石の回転により、それに対面する導電体に渦電流を発生させ、その相互作用でスプールの回転速度を遅めるもの。代表特許としては、ダイワ実用平2-33673が挙げられる。

 しかしこれらでは前述のような、急激なルアーの停止状態ではバックラッシュを未然に防ぐことはできない。なぜか? それは、従来のベイトキャスティングリールのブレーキ機構が、過回転の防止を目的に作られているのであり、ルアーの停止を対策するものではないからだ。
 では、どうすればいいのだろう? ヒントは上述のバックラッシュの定義にある。すなわち、「リールから繰り出されていく糸の量より、スプールの回転数が早くなってしまう」ことを防げばよい

 アメリカのバークレー社(あの Berkleyである)は1999年に、それを解決する特許を出願した。特開平11-46644というその特許は、リールから糸が繰り出されるテンションを検知する機構を設け、それが張力を感じなくなった際には、機械式ブレーキが作動してスプールの回転速度を制御しようとするものだった。
 意気込みはよし! しかしそれを実現するためには、機械式に頼ったセンサとブレーキでは十分に機能しなかったようだ。でも着眼点は間違っていない。あとは現実的手段だ。

 ないのかって? ありますよ・・・。あと1年待ってくれる?

My Tools

お恥ずかしいような安物古物オンパレードだが、私の愛する Rod & Reel たちをご紹介。
右から

① Fenwick Method MSP59ML & Team Daiwa 2000iT
② Fenwick Goldenwing GW60S ML & ABU Cardinal 102S
③ Fenwick Goldenwing GW56CM J & ABU ambassadueur 4600C IMAE
④ Fenwick Goldenwing GW70C MH & ABU FiVE
⑤ Fenwick Method MTC60M & ABU ambassadueur 4601C3
⑥ Team Daiwa TD-701-1RB & SHIMANO Calcutta Conquest 200

IMG_20161206_082709b.jpg

さらにタックル別では
① ライトジグヘッド,ノーシンカー用
② ダウンショット,ネコリグ用
③ ライトテキサス,ジグヘッド用
④ フリッピング,ウェッピング用
⑤ トップウォーター用
⑥ クランキング,スピナーベイト用
IMG_20161206_090133.jpg


いずれも10年以上の強者揃い!
愛着あるのよねぇ。
 
バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム