プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から
バスリンク

魚は傷みを感じるか?

興味深い本を読んでいる。ヴィクトリア・ブレイスウェイト著 「魚は傷みを感じるか?
筆者はアメリカ・ペンシルベニア州立大学教授で魚類生物学を研究している。その彼女が突きつけたテーマは「魚類に対する福祉」。著者が生物学的な見地から得た結論は「魚は痛みを感じている」。哺乳類と同じように針に掛けられた魚、漁網に捕らえられた魚は傷みを感じているのだ。この辺の科学的解析にはもちろん大いに興味があるのだが、それは後日[文献から読み解くバス」で紹介しよう。今ここで話題にしたいのは、痛みを感じている魚を遊戯の道具として使っている「釣り」とは何なのか、だ。

人は、いや動物は他の生命を食って生きている。特に人は食物として動物や魚類を飼育し、殺し食べている。現在では哺乳類であれば、牛にせよ豚にせよ、苦しまずに死ねるような方法で屠殺する。その目的が動物に対する福祉なのか、単に味品質の向上なのかはさておき。魚の場合は?日本には「活き締め」という考えがあるが、これは100%味のため。でも結果的に苦しませずに魚を殺していることになる。著者はこれを「cleen kill」と呼び、漁業にあってもレジャーとしての釣りであっても採用すべきと訴えている。

考えても見なかった。魚は針掛りした時、痛みを感じているのだ。想像してみよう。公園で遊ぶ子犬に、大きな針のついた肉をほおり投げ、食いついた処をフッキングする。口に針の掛かった子犬は泣き叫びながら逃げ回る。我々は笑いながら、リールで手繰り寄せる。そんなおぞましいことができるか?我々はそれを水の中でやっているのか?
水中の生物だって同じだ。あなたが海に投げたルアーに子イルカが掛かってしまったらどう思うだろう。ウミガメだったら?マンボウだったら?境界線はどこだ?実は境界線なんてないのかもしれない。

さらに著者は、Catch & Release も魚の福祉に反すると言う。意外な意見だが、離した魚は繰り返し針の痛みを味わうことになる。それくらいなら Cleen killすべきだと。実際、ドイツでは一定以上の大きさの魚を釣り上げた時には、再放流を禁じる法があると言う。もちろんそれは我が国の外来生物法のような歪んだ倫理観によるものではない。
これも例えば鹿狩りを想像すれば理解できなくはない。楽しみのためだけの狩猟には正直嫌悪感を覚えていたのだが、例えば鹿を撃ち損じて、倒れた鹿に近付いてみたら鹿は肩を射抜かれて走れずにいたがまだ生きていた。ハンターはここでとどめを撃って意気揚々と鹿を持ち帰るだろう。だれが Catch & Release する?Releaseすることが傷ついた鹿のためになる?

うわぁ、Catch & Release もダメなのか。それはもう釣りをやめろと言うに等しいな。
もう少し冷静に頭の中を整理しよう。釣っていて楽しくなければ、心地よくなければ何にもならない。
ロッキングチェア・アングラーに徹することが正解なのか?


科学的な考察内容は、「16.「魚は傷みを感じるか?」 分析編 - 1」を参照されたし。
 

「アカゲザルの交雑種駆除」からブラックバスの現在を考える

前回、千葉県でのアカゲザルの交雑種駆除について考えた。交雑種、外来種生物に対する冷徹な法のあり方に対しては、命の扱い方において不適切だと思わざるを得ない。
では、ブラックバスやブルーギルについてはどうなのだろう。まず我々バサーは事実についてしっかりと認識しなくてはならない。
・ブラックバスは湖沼の生態系を大きく乱し、そこにいた在来種の数を減少させている。
・ある場合にはそこの在来種を根絶させる。

15.滋賀県湖南地域における魚類の分布パターンと地形との関係」でも紹介したが、閉鎖的な小水域にブルーギルやオオクチバスが放流された場合、数年後にはそこにはバスとギルしかいなかったという事例もある。違法放流に言い訳は効かない。

しかし琵琶湖や霞が浦には現にブラックバスが居つき、今やそこの自然の一部と言っていい。それら外来魚種をとうしていけばよいのか。悩ましい問題だ。特定外来生物法上は、捕獲したバスの再放流は禁止され、殺処分しなければ違法となる。その場で殺して打ち捨てろと。
私にはできない。する気もない。バスだろうがギルだろうが。バスは再放流するがギルは岸に打ち捨てるというバサーをたまに見かけるが、何と身勝手な冷血漢だと思っている。違うか?

一方でバスはこれ以上増やすべきではなく、これ以上釣りやすくする必要もない。もちろん違法放流には大反対だ。ネストで卵を守り子育てするというバスの生殖戦略が、在来種に比べ大きなアドバンテージを持つことがバスの繁殖の優位性を保っているのなら、そのアドバンテージを削いでいい。ネストの保護なんて不要だ。ネストは撃て!
バス釣りはもっと難しくていい。何十匹も釣りたければハゼかワカサギを釣りに行けばいい。

話を戻そう。アカゲザル駆除のYahoo News で筆者は、「モザイク的な自然・社会があってもいい」と述べている。詳しくは説明していないが想像するにいわゆるゾーニング、即ちある地域には交雑種や外来種の生存を許してもいい、と提案していると考える。それもありかな、と。
例えば八丈島のキョン。瀬戸内の小島の野生カイウサギ。閉じた孤島で広くそこに生息して自然の一部になっている。いいんじゃないのかな、生き続けて。
逆にドバトやウシガエル、タイリクバラタナゴ。もう根絶の仕様もない。折り合って生きていくしかないし、それらを排除・駆除する納得性のある理由もない。
では小笠原のグリーンアノール、奄美大島のマングースは?。難しいよね。閉じた小さな自然の中で在来の生態を大きく脅かす存在。やはり放ってはおけないと考えるのが自然だ。捕獲した個体をどうするかは別の議論として。

さて、我らがバス君の登場だ。バスはほんの50年前までは芦ノ湖と相模川水系にしかいない生物だった。この時点では八丈島のキョンだった訳だ。それを釣りたいと強く望んだ者だけが、それなりの苦労と工夫をしてやっと手に入れられる存在だった。この時、バスの存在を批判する声はほとんどなかった。閉じられた生息域で釣り人:観光業者:漁業者がWin-Winの関係を保っていた。
なぜそこに留められなかったのか! バスは今や日本中に広がったセアカゴケグモになってしまった。今もどこかの誰かの手によって拡散され続けている。そしてセアカゴケグモ愛好家とセアカゴケグモグッズ業者が、その甘露を享受している。全国に広がったバスを一匹残らず駆除するなんてことはできない。何か遺伝子的な操作でもしない限りは。
しかしバスを、小笠原のグリーンアノールにしてはならない。閉じた小さな湖沼にラージマウスでもスモールマウスでも一たび放流すれば、そこの自然は壊滅する。もう一度肝に銘じてくれ。

じゃあお前はどするのか?自己矛盾と戦っている。バスは増やしてはならない。本気でそう思っている。釣りにくくて結構。大きくなくても結構。一方でバス釣りはやめられない。自然の中に身を置く快感、極上の思考ゲーム、テクニックとツールの融合性、緊張感とリラックスの混在・・・。こんな遊びは他にない。釣りの中でも特別だ。

結論は出ない。今現在の己の感覚があるだけだ。それは、
・ バス釣りを続ける。自然を愛し自然に感謝し自然に従う。
・ ならば釣ったバスの殺処分はしない。放流するか食べるか食べさせるか。
・ バスをこれ以上増やさない、拡散させない。違法放流に反対し、ネストは撃つ。

難しいね。つかじーさんの「蛇の道は蛇」でも御蛇が池のカワウとソウギョ、バスを巡る問題について議論している。非常に突っ込んだ情報を提供してくれており、バスを大事にしたいと言う思いが伝わるブログだ。一方でどこかに自己矛盾、釣り人の自己弁護を含まざるをえない。それはバサーの「業」なのではないだろうか。
我々バサーは心のどこかに、そういう罪悪感、自己矛盾を感じているべきだと思う。

アカゲザルの交雑種駆除について、再び考える

千葉県でアカゲザルの混血種57頭を駆除 : これじゃナチスだ」 で触れた交雑種駆除について、再び問いたい。

Yahoo Newsの「保護されるサルと殺されるサル 交雑種57頭はなぜ殺されたのか」でもよく考察されているので、こちらも参照してほしい。この記事では高宕山自然動物園のオリの中の交雑種については特定外来生物法上、飼育は禁止されていることから駆除するしかなかった、との立場を取っている。ではその法の立ち位置自体はどうなのかと言うと、在来種保護、外来種による経済的デメリット(サルによる田畑食害等)、それの駆除に必要となる経費との対比で解説している。そして結論としては(結論にはなっていないが)、価値観の多様化に即するようなモザイク的な自然・社会があってもいい、と結んでいる。

それぞれの記事には大いに納得する。アカゲザルとニホンザルの生息域拡大の事情も含め、非常にまとまった記事だ。しかしながら私的には、やはりヒューマニズムという観点が不足していると思えてならない。すなわち「命の重さ」である。
特定外来生物法のいう「飼育の禁止」がイコール「殺処分」となってしまう短絡的思考回路しか持たない行政の態度にはいつもながら辟易とさせられるが、それを実行する(少なくとも処分に送り出す)のは動物園の飼育係だ。毎日、子供達が笑いながらサルを見学していた飼育舎で、サル達を育てていた飼育係だ。彼らの無念さは如何ばかりか。そしてそのニュースを聞いた子供達の思いは・・・。ここはやはり避妊手術に留めるべきだった。それを許さない法と行政は責められるべきであろう。

記事では全国にいついてしまった外来種の完全駆除の難しさ、それに要する費用の莫大さに触れている。そして根絶が難しいのなら、間引きによる数減らしも方法だと述べている。
ではバスなどの外来魚種についてはどう考えるべきであろうか
我々の問題だよ、諸兄々!
          (後半に続く)

15.滋賀県湖南地域における魚類の分布パターンと地形との関係

(陸水学雑誌 62:261-270(2001);中島(琵琶湖博物館)ら)

 バスを求めて琵琶湖本湖から周囲の内湖やインレットにまで進出しようとしてる諸君、耳かっぽじってよく聞き給え。そんなところにランカーはいない。ブルーギルばっかだよ。と言う事を琵琶湖博物館さんが調べてくれています。ちゃんと耳を傾けましょう。

「琵琶湖の沿岸帯の内湾や内湖はかつて最も豊かで多様な魚類相が見られ(牧,19164)、仔稚魚 の成育場所としても重要であった(平井,1970)。しかし現在では、北アメリカ原産のブルーギルLepomis macrochirusやオオクチバスMicropterus salmoidesなどの外来種によって優占され、在来種の生息数が極端に減少し単純な魚類相になっている。
 今回、1998年3月から2000年11月に、琵琶湖南湖周辺の10市町村の琵琶湖湖岸、内湖、河川、小河川、水路、池などの879地点を調査した(Fig,1:草津市,守山市,栗東市,中主町,野洲 町,石部町の全域,近江八幡市,大津市,志賀町,甲西町の一部)

 採集は主にたも網により実施し、採集された魚は、16科42属55種(亜種を含む)であった。 全採集地点(Fig.2-A)および魚種毎の採集地点をFig.2からFig.5に示した 。」

15-Fig2J.jpg


15-Fig3J.jpg


15-Fig4J.jpg


15-Fig5J.jpg

まあバサーが真っ先に知りたいオオクチバスのテリトリーは Fig 5のAに示されている。琵琶湖本湖からずいぶん奥に入った所まで生息地を拡大している。ブルーギルは同じく Fig 5のB。こちらは本湖周辺に特に集中していると言える。では、そこには他にどういった魚類が生息しているのか。筆者はクラスター分析という手法で本データを解析した。

「分布パターンで魚種を分類するために20ケ所以上で採集された魚種を対象にクラスター分 析を行った結果、AからDの4つのクラスターが不明瞭ながら認められた。
調査地域の地形をデルタ、扇状地、丘陵・山地 に区分したものである。野洲川下流域平野を 中心とする湖東平野では標高86mと87 mの間に傾斜変換点があり、ここより湖側をデルタ帯とし、山側を扇状地帯(扇状地性低地と扇状地)とした。

a) クラスターAに含まれる魚種は、デルタ帯から扇状地帯,河川平野(野洲川中流域平野や瀬田川・大戸川沿いの平坦部)に広く分布する。
オイカワ,カマツカ,アユ,ヌマチチブ,ウキゴリ,オオクチバス
b) クラスターBには多くの魚種が含まれる。これらの魚種もクラスターAと同様に、デルタ帯から扇状地帯、河川平野に広く分布する。
カワムツA,タモロコ,ヤリタナゴ,メダカ,モッゴ,ギンブナ,コイ,ドジョウ
c) クラスターBには多くの魚種が含まれる。これらの魚種もクラスターAと同様に、デルタ帯から扇状地帯、河川平野に広く分布する。
カワムツB,ドンコ,カワヨシノボリ
d) クラスターDはブルーギルのみで、主としてデルタ帯に分布している。
ブルーギル

これはいわば各魚種のテリトリーを示すものであり、オオクチバスはオイカワ,カマツカ等と同様、丘陵・山地を除く水域に広く見られている。ブルーギルは主にデルタ地帯に生息している。驚くべきはFig.3のPに示された野洲川支流のオヤニラミ、及びFig.5のCに示された法竜川のジルティラピア。筆者はこれらは人為的なもの、すなわち違法放流であると推察している。
驚いたな、まだ違法放流を繰り返す輩がいるんだ。それらに対する見解として筆者はいかのように述べている。我々バサーは真摯に受け入れる必要がある。

「琵琶湖の沿岸帯や内湖は、ブルーギルやオオクチバスなどの移入種によって優占され、在来種の生息数が極端に減少し単純な魚類相になっている。内湖では魚類相の約80%がブル ーギルであるという報告もある。
閉鎖的な小水域でブルーギルやオオクチバスがその産卵生態に裏付けられた強い繁殖力にものをいわせて増加した場合には、在来魚種との餌や生活空間をめぐる競争、さらにこれらの魚の卵,仔稚魚,幼魚に対する捕食を通じて、在来魚種への淘汰圧の及ぶ可能性が高 くなる。侵入魚種と在来魚種との間のこのような関係は、大きな水系よりも閉鎖的な小水域においてより顕著に現れる(寺島,1980)ことが指摘されている。」

いずれ公開するが、同地域の内湖における魚類の徹底的な調査を行った研究によれば、そこにいたのはほぼブルーギルとオオクチバスのみ。在来種の魚は全滅していたというショッキングな報告もあった。筆者の指摘通り、閉鎖的な小水域にバスやブルーギルが入り込めば、他の魚種は全滅する。その後は恐らくエビを食うか、共食いするかだ。

繰り返し言う。バス釣りを楽しむのは大いに結構。そのバスを再放流せずに岸に打ち捨てろという事は、私にはできない。一方で、違法放流は直ちにやめろ。これ以上バスの生息域を広げてはならないし、その必要もない。

何を考えているんだ? 何にも考えてないか。

 先日、自宅から近い座間谷戸山公園という神奈川県立の公園をぶらり散歩に行ってきた。なんて言うことのない里山をそのままのこした自然公園で、湧き水の多い座間市らしく、中央に湧き出る泉を源流とする小さな池には、夏になるとホタルが飛び交う。その池には小さいながらタナゴやオイカワが生息し、カルガモやアオサギなどの水鳥が遊ぶ。

IMG_20170303_140501.jpg


 この池にどこかのバカ者がブラックバスとブルーギルを放流したらしい。池の立て看板に書いてあった。俺は一瞬めまいがした。
前述の通り湧き水を源泉とする完全に独立した池だ。違法放流以外にバスが入り込む可能性はない。どこかのバカ者、それも車を持っている程度には大人のバカが、わざわざ他からビニール袋に入れてこっそりと放流したんだろう。

どれだけバカなら気が済むのか。ハナから釣り禁止の池だぞ。公園の職員やボランティアの人達が、里山の自然をそのまま残そうと努力している池だぞ。お前ら何のつもりだ?何のための暴挙だ?夜中に忍び込んでルアーを投げたいの?職員とケンカしながら日曜の昼間に釣りしたいの?自然をなんだと思っているの?バスの違法放流がどういう影響を与えるかなんて考えて事はないんだろうな。こういう奴らは釣りに行っても、ゴミを散らかし放題にして帰ってくるんだろう。

俺はこんなバカと、釣りをするというただ1点をもって同類と見られたくない。
日本から出て行ってくれないか。中国にでも行ってバスを好きなだけ放流してくれば!
 

「いいね」なんていらない!

バスブログランキングなるものの上位のブログを覗きに行った。さぞや面白い、参考になることが並べられているのかなと・・・
え~っ何じゃこりゃぁ、という内容のブログばかりだった。読みに行った時間を返してほしいくらいだ。そんなに「いいね」が欲しいかね?

私のブログは100%自分自身に向けたもので、「文献から読み解くバス」はいわば「メモ」「アーカイブ」でしかない。「釣れづれなるままに」に至ってはただの独り言だ。なので人に見られたい訳ではないし、ましてランキングなどに興味はない。

「いいね」なんていらないよ。

14.移植されたコクチバスの繁殖特性

(水産増殖 49(2), 157-160 (2001); 井口、太我)

いよいよ春の到来だ。バスはスポーニングに向かい行動を始める。では諸兄はバスのスポーニングについてどの程度知っているだろうか?どこにネストを作り、どういった行動を取るのか?筆者らは、青木湖および野尻湖におけるコクチバスの産卵床の調査を行い、その分布や特徴についてまとめた。もちろん論文は外来種としてのコクチバス排除のための基礎情報を提供するものだが、幸か不幸か、釣る側の人間にもとても参考になる。いやこの際、ネストのバスを撃ってコクチバスの爆発的増殖を防ごうではないか!(私は半ば本気で言っている)

調査は長野県青木湖加蔵と、野尻湖野尻,立が鼻および大崎。調査日は2000年6月13~21日。当地では産卵時期とされている時期だ。調査は実際に潜水して目視確認により実施した。(Fig 1参照)
それら4か所でバスのネストが見られた地点をプロットしたのがFig 2である。一見して桟橋(Pier)があれば、その周辺に集中していることが分かる。

13-Fig 1

13-Fig 2

さらにTable 1には、ネストのショアラインからの距離と水深、桟橋や大きな石等(cover)からの距離、ネスト内外の水底の砂礫の大きさが示されている。これによるとネストのある地点の水深は85~123cmと、ほぼ1mラインをキープしている。一方、ショアーラインからの距離は6.2mから32mと大きくばらつきがある。コクチバスはネストを水深で選んでいることになる。
そして野尻や立が鼻のような桟橋というはっきしとしたcoverのある地点はもちろん、大崎や加蔵のような桟橋のない地点でも、大きな石をcoverと見立て、そこから28~148cmという近距離にネストを作っていた。
さらに水底の砂礫(sunstratum)については、その粒径をスコアとして表記しており、スコア1(粒径1mm以下),2(1~10mm),3(10~20mm),4(20~50mm),5(50mm以上)として測定した。Table 1では測定された砂礫粒径の平均値を表記している。それによるとネスト内外の平均粒径はスコア2.4~4.2、10~40mm程度と思われる。即ち砂や泥質ではなく、細かな砂利質が選ばれている。
そしてネストは集中分布しており、隣り合うネスト間の距離は2.4~6.8mであった。

13-Table 1

ネストのサイズは236~11226平方cm、円形であればその直径は17~59.7cmとばらつきがみられる。Carrが行った研究(1942年)によれば、オオクチバスは自分の体長の約2倍のネストを作るとされている。これはバスがネストを、頭を中心として尾を回転させるようにして形作るためである。本研究ではネストサイズとcoverの大きさとの相関を求めており、Fig 3によると、大きなネストほど大きなcoverに付くことが示された。

13-Fig 3

そして特筆すべきは調査の最も遅かった加蔵において観察されたネストは、小さくしかもcoverから遠かったという点だ。これはバスが大型の魚体からスポーニングに入るため、遅れてネストを作った小さなバスは、条件の悪いcoverから遠い地点に作らざるを得なかったものと推察される。

観察を行った6月中旬の時点で、観察したネストの総数は88、その約50%にはコクチバスの卵あるいは仔魚が確認されている。実際にネストにネストを守るコクチバスがいる事も観察されたが、素早く逃避し数の確認には至っていない。

いかがであろうか。たいだい我々バサーが思い描いているイメージに近いのではないか。あらためて参考とすべき事項をまとめよう。
1) コクチバスは水深1mラインの障害物の近くにネストを作る。
2) ネストの水底は砂利質。
3) 大きなバスほど大きな障害物の近くにネストを構える。
4) コクチバスはネストを集中的に作り、1つネストがあればそこから2~6mの所に次のネストがある。


論文ではコクチバス排除のために、人工的なcoverを湖底に沈め、産卵期を待って親魚を一網打尽にすることを提案している。その際、たとえネストに卵や仔魚が残ったとしても、ウグイやコイ等が捕食するだろうと述べている。これも自然の摂理だ。

ネストのバスを釣ることに否定的なバサーも多い。しかし私的には「ネストのバスは撃つ!」それでいい。何度も言うが釣りにより無駄に魚の命を奪う事はしない。しかし自然の摂理のなかで淘汰されるのなら、今の状態のバスは数を減らした方が良い。ましてやスモールマウスバスの違法放流など、言語道断!
みんな、よ~く考えてくれよ。

ブログ村バスブログ
バス記事満載、バスブログはこちら
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム