プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖のバス釣り有料化?

西の方が喧しい。
11月15日付け毎日新聞によると、「滋賀県知事が琵琶湖の外来魚釣りの有料化」の検討を開始するという。[宮本和宏守山市長が「釣り客はゴミも出すなど琵琶湖に負荷をかけており料金を取るべきだ」と提案し、三日月滋賀県知事が答えた。 ]と記されている。
行政は相変わらずステレオタイプの物の見方しかしないなぁ、と感心してしまうが、きちんと考えてみよう。

まず釣りの有料化については私自身は全面的に反対とは言わない。しかるべき金額にして、しかるべき金の使い方をするのであれば、有料化もアリだろう。そもそも我々釣り人は、湖や海に出かけてタダで魚を釣り、幾ばくかの負担をその地に掛けて帰っていく。良識のあるアタリマエの釣り人なら、ゴミを持ち帰る・釣り場を汚さない・何でも根こそぎ釣らない・違法駐車はしない・騒音は出さない、と言った配慮はしている。それでも根掛りした仕掛けや糸は水の中に残すし、交通渋滞を引き起こし排気ガスで空気を汚す。色々な負担を地元に掛けているんだという事を自覚するべきだ。
ましてここに愚か者が混じる。確かに多くはないだろう、と信じたい。が10人に1人、いや100人に1人の愚か者がいれば、それだけで湖や海を汚し、漁港を荒し、地元に迷惑を掛ける。私自身も釣り場で何人もの愚か者を目撃し、何度かは「ゴミは持ち帰れ」と注意して喧嘩になりかけたことがある。バカはどこまでもバカなのだ。そのようなバカは比較的簡単に見つかる。守山市長も見かけたことがあるのだろう。100人に1人のバカは釣り人の代表になってしまうのだ。

対して我々はどれだけの金を地元に落しているのか?大したことはない。せいぜいが食事代くらい。たまにはボートをレンタルするにせよ、釣りで潤っているのは釣り具メーカーなのだ。ならば地元に還元する手段としての入漁料なら払ってもいいのではないか。
別にバス保護のために使え、なんて言わない。環境保全のために広く使って貰えばいい。今さら河口湖みたいにバスの放流なんてのも不要だ。琵琶湖に住む外来魚が在来種に影響を与えていることは事実なのだから。(もちろんそれが在来種激減の原因の全てではないことは、「文献から読み解くバス」のあちこちで証明されている。)

県としての議論はこれからだろうが、入漁料の設定はそう難しいことではないだろう。一方、釣り具メーカーは大騒ぎするし、釣り団体も黙っちゃいるまい。しかし琵琶湖全体、釣りを巡る状況全体をよ~く考えて対応すべきだ。釣りは全面禁止、ブラックバスは税金をかけてでも底引き漁で一網打尽、なんてシナリオが最も愚かで最も非効率的だぞ。釣り人の欲求、地元の利益、メーカーのそろばん、在来種保護の立場、バランスをよくよく考えようよ。

逆に前出のバカ対策をどうにかしないか。シンガポールみたいに「湖をよごしたら即、〇〇万円!」でいい。厳罰に処さないと、こういうバカに再教育なんて無駄なんだから。
スポンサーサイト

26.琵琶湖北湖における外来魚ブルーギルの繁殖生態

(中尾ら(滋賀県立大学);魚類学雑誌,53(1):55-62)

ブラックバスのネストを見たことのある人も多いと思う。私自身は大阪の野池で何回も目撃した。それは50cmほどの浅瀬に直径50~60cmほどの円を描いて、1,2mおきに点在していた。小さな野池だったのでそれ程多くはない数であったが、時にはバスが1匹、ある時は2匹が張り付いていた。
そんな個人的な思い出レベルの話ではこのHPに相応しくないので、文献調査を行った結果の一つが「14.移植されたコクチバスの繁殖特性」であった。
http://longislandclub.blog.fc2.com/blog-entry-26.html
ではブルーギルはどのような繁殖生態を示すのか? 本論文で詳しく述べられている。
例によって文献は抜き出して紹介しており、それらは黒字で、私のコメントは青字で示した。


ブルーギル lepomis macrochirusはサンフィッシュ科に属するアメリカ大陸中東部原産の淡水魚で日本に持ち込まれたのは1960年である。1990年代半ば、特に琵琶湖南湖で爆発的に増加した。
原産地である北米では本種の繁殖に関する研究例は比較的多い。それらによると,本種は繁 殖に際して産卵床を作り,卵と仔魚の保護を行う。さらに,産卵床は集合してコロニーを形 成する(Swingle and Smith,1943;Gross,1982)。コロニーを構成する産卵床の数は,時には400-500に達する(Swingle and Smith,1943)。ブルーギルの卵・仔魚は,他のサンフィシュ科魚類やイクタルルス科のナマズBrownbullhead Ameiurus nebulosusなどにより捕食される場合
がある(Gross and MacMillan,1981)。一方,琵琶湖では,ブルーギルのコロニーは,大きくても数 十産卵床程度から成るとの報告がある(服 部,1997)。また,日本には本種の卵・仔魚を捕食するようなサンフィッシュ科魚類は同種以外には存在しないため,本種の繁殖を取り巻く種 内および種間関係は原産地と大きく異なると予想される。
そこで本研究では潜水による直接観察により,これまでに十分に明らかにされていない琵琶湖のブルーギルの繁殖時期やコロニー形成,あるいはコロニーあたりの産卵床数,産卵場所 などの基礎的な知見を蓄積するとともに,季節や水温変化に伴う産卵床保護期間の変化や コロニーサイズと繁殖成功との関係を明らかにすることを目的とした。

琵琶湖・北湖の北端部に位置する通称"奥出湾"(滋賀県伊香郡西浅井町菅浦地先)の南西端の 小湾(136゜7'31"E,35028'35"N)で調査を行った(Fig.1)。調査地の湖岸および湖底の底質は,主 に礫や砂礫で構成されていた。湖岸から沖合いに向かって2-3mの範囲は水深1m以浅の,比較的ゆるやかな傾斜(斜度20°程度)の礫底が岸に沿って帯状に広がっていた。その沖側に は急勾配(斜度45゜程度)の礫斜面が続き,水深4-6m付近で再び緩やかな勾配(斜度20゜程 度)となり徐々に泥底へと移行していた。また,"谷"状の地形の箇所には,落葉枝による厚い 堆積層が形成されていた。湖岸沿いには数カ所,水位上昇時に冠水する陸生植物や,小規模 な抽水植物群落が生育していた。水深約6m以浅のほぼ全域に,センニンモPotamogeton maackianus,フサモMyriophyllum verticillatum,エビモPotamogeton crispus,コカナダモ
Elodea nuttalliiなどから成る沈水植物群落が発達していた。

26-Fig1.jpg


調査は2002年および2003年の5月下旬から9月上旬にかけて実施した。
本研究では,保護雄が卵・仔魚を保護しているのが観察された場所を産卵床と定義し,産卵 床が集合した状態をコロニーとした。データ解析に際しては,単独で存在した産卵床も便宜上コロニーとして扱った。コロニーが形成された場所を産卵場所(A,B,Cなど)とした。スノーケリングまたはスクーバ潜水により差し渡し約100mの小湾内を岸伝いに巡回し,産卵状況の観察を行った。

ブルーギルの仔魚は卵黄吸収を終え自由遊泳期に達すると産卵床を離れ,保護雄も産卵床を去る(Gross and MacMillan,1981など)。そこで本研究では,仔魚が卵黄吸収を終え遊泳可能な状態に達して産卵床内から泳出し,保護雄も確認できなくなった場合,繁殖成功と判断した。それ以前の発育段階で卵・仔魚が確認できなくなった場合は繁殖失敗と判断した。

調査結果はTable.1にまとめられている。すなわち産卵のピークは6月10および20日、ネスト数380および192、1コロニー当りのネスト数は6.9および6.2、雄による保護期間は平均8.3日となっている。


26-table1.jpg

Fig.2には日毎のネスト数と水温の変化を図示している。ネスト数はスポーニング初期の6月上旬が最も多く、8月まで漸減していく。筆者は2003年の7月上旬に一時的にネスト数が減少しているのは、同時期にまとまった降雨があったため湖底に湧き水が増え、水温が局地的に低下したためと見ている。Fig.2に示した水温は湖底ではないため、そのような変化が捉えられていないものと考えている。


26-Fig2.jpg

Fig.4に、日毎のコロニーサイズを示す。
2002年のコロニーサイズ(コロニーを構成する産卵床の数)は1-48(n=55)産卵床であり,平均(±標準偏差)は6.9±8.7産卵床であった(Table1)。2003年は1-31(n=31)産卵床で,平均6.2±7.9産卵床であった。両年とも30産卵床を越える大きなコロニーは,繁殖期初期である6月から7月初めにかけて形成された。

26-Fig3.jpg

ブルーギルが保護を行うのは仔魚が浮上するまでで(中村ほか, 1969;Morgan,1951;Gross and MacMillan,1981;Gross,1982),その期間は4-9日(中村ほか,1971),あるいは7日(Gross and Mac Millan, 1981)などとされている。本研究で確認された,繁殖に成功した産卵床における保護期間は5-10日間で,従来の知見より保護期間に幅がみられた。また,水温上昇に伴 う保護期間の短縮が示された。中村ほか(1971)によると,孵化後,仔魚が浮上するまでの時間は18.50Cで138時間,24.5℃で90時間, 28.5℃で64時間と,水温の上昇とともに短縮される。本研究でも,繁殖期初期には後期仔魚期まで成長するのに10日程度かかっていたが,繁殖期後期では4-5日にまで短縮される様子が観察された。
以上のことから,今回観察された保護期間の短縮は,水温上昇にともなって卵・仔魚の成長 が早まり,浮上までの期間が短くなったためと推察される。
繁殖期初期は保護期間が長いため,後期と比較してより多くの繁殖努力が必要となる。にもかかわらず,産卵の最盛期は初期であった。Shoup and Wahl(2003)によると,初期に産まれ,最初 の冬までにより大きく成長したブルーギルの0歳魚は,後期に産まれてより小さな個体よりも冬期の生存率が高い。つまりブルーギルにとって早期に産卵することは,子の生存率を通 じて個体の適応度を高める上で有利にはたらくと考えられる。このため,繁殖期初期に産卵 の最盛期を迎えるのかもしれない。

多くのコロニーで,1-2日間に集中して産卵が行われる傾向が確認された。このような同時性(synchrony)については,原産地である北米のブルーギルにおいても観察され,その意義が考 察されている。北米ではブルーギルや同属のPumpkinseed Lepomisgibbosus,あるいは両種の 交雑個体,ナマズ目のBrown bullheadやYellowbull
head Ameiurus natalisなどがブルーギルの卵・仔魚を捕食し,特に2種のナマズ類はしばしば 産卵床内の卵・仔魚を全て食べてしまうことが報告されている(Gross and MacMillan,1981)。これに対しブルーギルのコロニー内での産卵の同時性は捕食者に対する防御効果,あるい は捕食の際の希釈効果を増大させ,またコロニー間での同時性は繁殖に参加する個体が増 加することで,捕食者となりうる同種個体の数を減少させる効果がある(Gross and MacMillan,1981)。
琶湖北湖ではヨシノボリ類Rhinogobius spp.がブルーギルの卵を捕食しているとの報告が あり(服部,1997),本調査地でもヨシノボリ類,ヌマチチブTridentiger brevispinis,ビワヒガイsarcocheilichthys variegates micmoculus,オイカワZaccop latypus,そしてブルーギルによる捕 食がみられたが,中でもブルーギルによる捕食が最も多く観察された(中尾,未発表データ)。捕食者の種構成は原産地と大きく異なるものの,琵琶湖のブルーギルの保護雄も北米のブルーギルやハリヨの場合と同様,同時的な産卵によって捕食者に対抗したり,安定した個体 間関係を構築することで,繁殖成功率を高めていると考えられる。

従来,日本の水域にブルーギルが定着できた一要因として,繁殖に際し卵・仔魚の保護を行 う点が指摘されてきた(寺 島,1977;横 川,1992)。本研究の結果から,さらに,本種がコロニー を形成するという繁殖生態をもつことにより,在来種あるいは同種からの卵・仔魚の捕食が軽減され,その結果,繁殖成功率がより高められていることが示唆された。このような繁殖様式が,琵琶湖をはじめとする日本各地の水域で本種が爆発的に増加した一要因と考えられる。

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。