FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

釣られるのはバス? 人間?

「春限定カラーが新発売! ツートーンカラーがバスを誘う!」
「逃げ惑うベイトの動きがバイトを呼ぶ。」
「ボリュームあるシェイプが魚にアピール。」
ショップには「新製品ルアーのキャッチコピーが並ぶ。確かに従来品とは少し違うカラーやフォルムで、我々バサーの購買欲を掻き立てる。
ひょいと商品棚の上のモニターを見れば、バスビデオでバスプロ達がはやし立てる。
「さすが〇〇の新作クランク。この動きが今のバスに効果的なんです。」
「このツートーンカラーが今の季節にフィットする、必殺のワームだね。」

買っちゃおうかなぁ。。。友人Aも仕入れたみたいだし。。
ダウンロード

待て待て、彼らはメーカーお抱えのプロだぞ。そこの新作ルアーで釣ることをアピールするのが仕事なんだ。昔のルアーで釣っても彼らには何の意味もない。釣りチャンネルのバス番組だって一緒。スポンサーあってのバスプロ、バス番組であることを忘れちゃいけない。
それにメーカーは池に数100匹もバスを飼っていて、数多くの試作品をその池で実験したのか? 数10種類もある試作品から一番釣れたルアーを厳選して発売したのか?そんな事はやらないよね。絶対。
そのルアーで一番先に釣られるのは我々バサーなのだよ。別にバスにアピールしなくても、客にアピールできればいいの。だから目先を変えた新製品を次から次へと送り出しているの。そうしないと売上が落ちちゃうもんね。メーカーが研究しているのは、バスに効果があるルアーじゃなくて、客の購買意欲を煽り立てる仕組みなのだ。Aみたいに簡単に引っかかってくれる人間のおかげでメーカーは経営が成り立っている。えらいぞ、A!

確かにバスも学習する。だから年がら年中、目の前を通り過ぎる同じようなルアーには見向きもしなくなる時が来るだろう。この辺は「8.オオクチバスの釣られやすさに見られる個体差」でも紹介した通りだ。そんな時に見たこともないルアーが現れたら、思わず「口を使う」こともあるだろう。でもそれは別に新製品じゃなくてもよい。今は誰も使わなくなってしまった古いルアーは、新製品と同じくらい効果を発揮する。

魚と話せる人間をどこかから見つけてくればいいんだよね。
「あの色、魅惑的ってバス君が言ってます。」
「その右のバス君はそのスピナベの動きは嫌いだそうです。」
すごいぞ~。スーパーなルアーができちゃうぞ。

えっ、そんなヤツはいない? ですよね~。だったらマジメにバスで実験して、新製品を開発してほしいな。旧品Aのヒット率は5%だったが、新製品Xのヒット率は15%で効果絶大とか。データ付きで発売してくれよ。某バスプロが試したら釣れましたなんて、何のデータにもならないんだよ。
バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム