FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

早春の利根川でラパラ爆発!(前編) 

前回の「早春の利根川釣行戦略を練る」の戦略通り、まずは横利根川を目指した。
横利根大曲は中央部の水深が深く(約5m)、ヘラブナのメッカでありオダ等のストラクチャも沈んでいる。バスの越冬に適したポイントだ。そのバスが水温上昇に誘われて岸寄りのブレイクに上がってベイトを追い始めるだろう、と言うのが朝の戦略だ。

IMG_20190222_063403.jpg

いつもながら水辺で迎える朝日は美しい。
天気が良くて風も穏やか。気温は6時で4℃。予報通りだ。釣りも計画通りと行きたいね。水温を計測すると約7℃。岸際の2mの水底も計ったが同じく7℃。弱いサーモクラインができていないかなと期待したのだが、それにはまだ早いようだ。
バサーは私一人。程なくヘラ師のボートが4漕、もやい竿に固定して釣りを始めた。彼らの狙いは河岸から5mほどのポイント、ほぼ中央部だ。浮子下を見ると約4m。やっぱ深いな。
タックルは、サーチ用にスピナベ、ブレイクとストラクチャを見つけたらキャロライナのストレートでフォロー、という作戦だ。この辺の川幅は10~15m。ヘラ師に近づかないようにエリア選択するのだが、岸のヘラ座の位置は大いに参考にした。その先にはオダがあるだろうし、長年打ち込まれた餌にベイトが寄っているかも知れない。ウオリャとスピナベを投げ、底まで沈めて底をトレースすると、案の定ゴツゴツといろんな物に当たる箇所がある。狙いを定めてキャロを遠投、さらにスピナベで執拗に舐め回した。。。
IMG_20190222_072244.jpg

反応はない。
水の中はまだ冬なのか?ネチネチと冬の釣りをしないとダメか?
いや逆に春に向かっていて、より暖かなエリアで春を先取りする釣りをすべきなのか?
8時の時点で私は後者の選択をした。
バスが身をひそめるストラクチャがあって、より浅い水温の上昇が見込めるポイント。この近くなら横利根水道管だ。ほんの2~3kmだ。
IMG_20190222_112934.jpg

入ったのは横利根川東岸。車は横利根閘門の公園駐車場に停めて、そこから歩くこと2~300m。このエリアは岸際に小さめのテトラが入っている上に土砂が堆積して浅くなっている。そして川の中央は浚渫されて数mの水深がある。水は横利根川にしてはクリア。水温は8℃。狙い通りのポイントなのだが。。
全く生命感がなかった。バスはおろかベイトも水鳥もいない。なんでだろ? バスはディープに張り付いているのか? それとももっとどシャローのべきなのか?
悩みつつ横利根閘門の方に向かって Walk & Gun。閘門付近にはカイツブリだろうか、水鳥が何匹も群れていたので、ベイトはいるのだろう。沖目の水鳥ラインにシャロークランクを投げ込むも無反応。ここまで無風・無流。何か変化が欲しい。。。

12時に近くなって日が高くなると同時に、気温は14℃に近づき更に風も出てきた。これで状況は変わるはず。そう期待しながら弁当をたいらげ、午後の戦略を建て直した。

「爆発!」はどうしたって?
釣りは「天の時、地の利、人の術」。
時を待ち、地を選ぶのだよ。

後編に続く
関連記事
CATEGORY:釣行記

THEME:バスフィッシング | GENRE:趣味・実用

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム