FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

与田浦爆釣の原因を分析する

2月22日の与田浦釣行の詳細は「早春の利根川でラパラ爆発!(後編)」の通り。  1時間弱で45,40,40,25にバラシ50なら、近年の利根川流域では爆釣と呼んでもいいでしょ。

IMG_20190222_153951.jpg

[広告]

ではなぜこの時、あそこで爆釣したのか?
それを分析し次の釣行に繋げなければ「Smart Fishing」の名が廃る

まずは状況の再確認だ。当日の天気は午前中は曇り、午後から太陽が顔を出し気温が一気に上がった。土浦観測所のデータでは、6時に0.7℃、12時に11.0℃、15時に12.9℃だ。そして風は午前中は0~1.5m/secの北~西北西だったものが、14~16時には2.5m/secの南南東~南東に変わった
気圧はと言えば、朝方に関東上空にあった1022hPaの高気圧が12時に通過し、18時には10124hPaの小さな低気圧に覆われる。翌日には伊豆諸島を998hPaの前線が通過し、所によって小雨が降った。

現地でも当然その変化を体感していた。気温の上昇、日射、南風、すべてが釣りにとっていい方向に変化していた。この変化が大切であり、その変化を受けることができるエリア選択が重要だった。
それはどこか?

土浦観測所では午後は南南東~南東だが、現地での風向は南~西風であった。これは「34.琵琶湖における湖陸風を味方につける」で紹介した湖陸風が吹いていたのかも知れない。なのでこの時はこの南~西風を受けることのできるエリアを選択した。加えて日照による水温上昇の期待できるシャローの北側
午前中はまだディープからバスはさほど動いていないだろうという読みから、横利根川の水深のある流域のブレイクを狙った。気象条件の影響もあっただろうが、全くの No Bite であった。そこに午後からの気象の変化が見られたため、シャロー狙いに大きく戦略を変えたのだ。

そして選択したのは、距離的条件も含めて与田浦。お馴染みの本流筋の千本杭ではない。この状況ならば3つあるワンドの北~東岸だ。広大なシャローは真冬にバスが潜むのには向いていないだろうが、与田浦本流筋からそのエリアまでは100~300m。条件が良ければ十分にバスはマイグレーションしてくる距離だ。
その条件とは?

1) もちろん水温。当日の与田浦ワンドの表層温度は10℃を超えていた。本流筋の流心はおそらく午前中の横利根川程度だろうから、7℃前後か。この差は大きい。優秀なセンサをもつバスは温かな水を求めて移動してくる。
2) クリアな水。与田浦の奥は田畑からの流出水のため濁っている、もっと言えば死んでいる場合が多い。しかしこの冬の少雨のため水の流入はなく、当日の水はこのエリアにしては非常にきれいだった。バスもベイトも寄ってくるだろう。
3) 流れがない。常陸利根水門の水位調整により水門の開閉が繰り返されていると、常陸利根川には流れの強弱が発生し、時間帯によっては水が大いに動く。しかしこの冬は解放のままであり、少雨の影響で水位は最低レベルに留まっており流れは非常に緩い。与田浦にも流れはなく、ワンド奥部の高温水はそこに留まり、本流筋との間でいわば横のサーモクラインができている。

そしてそれらが午後の気象変化により沸き立つように強くなってきたと推測される。まさに千載一遇のチャンスだったのだ。

最後にメソッド。
この状況でダウンショット? ネコリグ? 違うでしょ。今、バスの活性は一気に上がったと推察するのなら、ネチネチとしたスローな釣りは捨てて、早い横の釣りを選択すべきだ。そこはもうバサーの感覚と信念次第。私の選択はラパラ F-7 だった。要はミノーだ。ジャークベイトやペンシルでもよかっただろう。そこはそれこそ感覚と信念だ。

そしてそれらが爆発する。
こんな気持ちのいい釣りは何年振りだ。(悲しいかな・・・)


もちろんそれは与田浦奥に限ったことではなかっただろう。例えば北浦なら最上流の安塚、山田ワンド、小見川閘門利根川サイド、等々。他のバサーのレポートを見ていないが、シャローの北~東岸コーナーをあの時間帯に攻めたバサーにはパラダイスが見えたのではないだろうか。

でも次は全く違うぞ。
 Tomorow is another day.
だからバス釣りはおもしろいんだ。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム