FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

頭を使いたけりゃバスを釣れ!

釣りに行くと何かつぶやきたくなる。我が師匠、開高健のように。
とはいかないが、水辺で我が身中から湧き出してくる言葉達を書き留めておきたくなった。

ただの落書きです。スルーして下さい。

昨日釣れた場所に行くんじゃない。今日釣れる場所に行くんだ。
昨日釣れたルアーを使うんじゃない。今釣れるルアーを使うんだ。



数が釣りたきゃイワシでも釣ってろ。
デカけりゃいいんなら海上釣り堀にでも行け。
頭を使いたけりゃバスを釣れ。



難しいからバスが釣りたくなる。


考えて考えて、それでも釣れないから、またバスを釣りに行く。


みんなは何でバスを釣るの?
  • たくさん釣れるから? そんなはずないよね。
  • 魚が大きいから? これも違うな。
  • おいしい魚だから? そんなバカな!
  • お手軽だから? 道具は高いし、交通費も掛かるよね。
じゃあなんで?

自分で考えたプラン通りにバスを見つけ出し、思惑通りの釣り方で仕留めた時の快感が忘れられないから。

俺はこれだなぁ。
情報を分析して、仮説を立てて、プランを編んで、釣り場で確認して、釣ってみて、微調整して、また釣ってみる。
どこで手ごたえがあったか。何が合っていて何が違ったか。プランは正解だったから釣れたのか。不正解だから釣れなかったのか。正解だけど釣れなかったのか。
面白いでしょ。こんな遊びは他にない。釣りの中でも特別だ。


自然の中に身を置く快感、極上の思考ゲーム、テクニックとツールの融合、緊張感とリラックスの混在。
それがバス釣りだ。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム