FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

39.北浦上流部が強アルカリ性になった原因を探る

前回「38.北浦上流部がアルカリ温泉水になっていた」で安塚観測所の水質データにおいてpH10.5という強いアルカリ性が示された事を紹介した。今回はこの問題を深堀していく。

北浦上流部 鉾田観測所の気象データによれば、4月16日から23日まで好天が続き、最高気温は19~25℃、降水量0mmだった。24日から27日までは小雨が続き日照時間はほぼ0、27日には最高11.9℃、最低3.3℃、降水量9.5mmの冬のような雨が降った。

そこで水質データはどう変わったか?
4月24日と27日のデータを比較してみよう。

4/24 15

4/27 15

 

安塚

神宮橋

安塚

神宮橋

水温(℃)

20.3

17.2

15.6

15.9

H

10.3

9.0

10.1

8.6

DOmg/L)

12.3

9.4

9.3

9.3

導電率(mS/m)

30.5

41.8

30.6

41.7



4日間の曇天少雨により安塚の水温は5℃下がり、DO25%低下した。pHと導電率はほぼ同値。一方、神宮橋では水温が1.3℃下がったものの、Ph,DO,導電率は微変レベル。

これは何を示唆するのか?

  

pHの高くなる要因を推察すると、いくつかの仮設が立てられる。

(1) 石灰等の化学肥料が流域で使用された。

(2) 打ち立てのコンクリート等から溶液が漏れた。

(3) 植物プランクトンの活性が高い。

 

蓮の一大産地である北浦周辺にとって、4月5月は蓮の植え込みをする大事な時期だ。土壌改善のため石灰なども使うだろう。ただでさえ大量に水を使う蓮畑に雨が降れば、畑の化学肥料が流れ出しても不思議はない。そうなればpHは上昇し、導電率も急増するはずだ。

しかし安塚の水質データは雨後においてもpHは上昇することなく、むしろ微減している。(1)はシロだろう。

 

同様に生乾きのコンクリートに触れたアルカリ溶液や、工場からの化学物質流出の可能性も低いと思われる。(2)もシロか。

では植物プランクトンの影響はどうか。

植物プランクトンや水草が日照により光合成を行うと、水中に酸素を排出するとともに、Hを上昇させる。日照がなく光合成がなくなればその逆だ。

 

水質と気象データを遡ってみよう。

前回紹介した安塚の水質データでは、pH415日の16時に最大値10.5を記録した後、漸減して16日の6時に最低値9.2まで下がった。DOも同様に15日の16時に最大値12.816日の6時に最低値8.9となった。

その時の気象は、414日夜から15日朝にかけてまとまった雨が降っていた。その後は晴天が続き最高気温も20℃以上となっていた。

 

符丁は合っている。1日のタイムディレイはあるが晴天時のpH増大から、雨天の後のpH低下の様子は414日から16日にかけての動きも、24日から27にかけての動きも同じだ。

雨が降るとpHが下がり、同時にDOも下がる。これは植物性プランクトンによる光合成の影響が強く出ていると考えざるを得ない。

植物プランクトンの最たるものがアオコ、正確にはミクロキスティス。北浦では6月から9月にかけて毎年アオコの発生に悩まされている。ただし安塚がいつもアオコ発生地点かと言うと、そうでもない。確かに下の7月時ではアオコは安塚に顕著にみられる。

アオコ_H307

霞ヶ浦河川事務所 アオコ対策作業状況より)

アオコ_H306

しかし6月にはむしろより下流部に発生している。それに4月にはアオコ発生は未だほとんど見られない。

H上昇原因はアオコとは言えない

 

ミクロキスティス以外の植物プランクトンももちろんいる。それらが安塚で極端に支配的であり、それがpH上昇とDO上昇を引き起こした可能性もあるが、現時点では明らかでない。この原因についてはもう少し調査が必要だ。

 

 

いずれにしてもそんなにアルカリ性の強い水域に魚はいるとも思えない

次回はその「魚のアルカリ性耐性」について調査してみたい。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム