FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

外来生物 2020問題を考える-4:喰うか喰わせるか!

前回の「2020問題を考える-3」では、これまでの議論と生物多様性国家戦略の問題点について分析した。そして私個人としては、外来生物被害予防三原則ならびに生物多様性国家戦略は、その理念と精神には大いに賛同するものの、個別目標の一つである「2020年までに優先度の高い侵略的外来種が制御又は根絶」には賛同しかねる事を述べた。
その理由として、上記の生物多様性国家戦略にうたわれた個別目標が、現実性と経済性を熟慮した科学的アプローチなどとは無縁の政治的判断と言わざるを得ないからであると主張した。

OSK200901280059.jpg

ではどうすべきか。国として、などという大きいことを言うつもりはないが、一釣り人としてどうしていくべきなのか。まとまらない頭を整理しつつ、ツラツラと書いていきたい。

私の意見は揺るがない。
・外来生物の違法放流には断固反対。
・外来生物の繁殖・増殖にも反対。

そしてもう一つ、加えるに
・バスを無為に殺したりしない。

バスとは限らない。生きとし生けるものの命をただ奪う、ゴミ箱に捨てて焼却する、岸に打ち捨てて無駄に殺す。そんな事が許せないのだ。この点が釣り団体やバスプロ、多くのバサーの立ち位置とは少し違うだろう。私は Catch & Release 禁止でもいいと思っている。バス釣り禁止ではないのだから。それは禁止されようが許可されようが、アユやタイはリリースしない事となんら変わりはない。釣りとしてはごく自然な形態だ。
すなわち命を活かすのならCatch & Release 禁止は受け入れる
我々は他の生物の命を奪って己の命を繋いでいる。それは自然なことだ。魚を釣っておいしく戴く。アユやタイでできていることが、なぜバスではやらないのか?

これはバサーに問いたい。あなたはなぜバスをCatch & Release するのか?

バスフィッシングは Catch & Release がルールだから。」
本当にそうなの? あなた、そんなに暗黙のルールを守るいい子なの? バサーの品格、特にバス番組で無駄に騒いでいるバカプロ(あっバスプロでした)なんかを見ていると、ほとんど社会不適合者ばかりだけどね。そんないい子たちが漁港を荒らし釣り場をゴミだらけにしないと思うよ。
私がバス釣りを始めた頃、すなわちまだバスが日本に居ついたばかりの頃にはまさにそう叫ばれていたよ。常見忠師匠の本にも書いてあったし、我が開高健先生もモンゴルの大草原で巨大イトウを釣り上げた後、
チンギスハーンのものはチンギスハーンに。モンゴルの魚はモンゴルに。
なんてかっこいい事を言いながらリリースしていた。(「開高健の続モンゴル大紀行」より)

それに憧れた中学生がCatch & Release を心に刻んだとて不思議ではあるまい? じゃあ川辺で変な造花の棒を振り回して叫んでいるバスプロは?どうしてリリースするの?

バス業界のためバスを増やしたい。もっと大きくしてまた釣りたいから。」
プロや業界の人間はそう思うだろうな。素人衆もそうなのかな? だったらアユやタイでもリリースしそうなものだけど・・・
ヘラブナは完全にそうだよね。バス以上に完全にゲームフィッシュだし。ちなみにヘラブナもまた、ほとんどの地方では立派な国内外来種だから。元々その湖にいたなんてことはまずない放流魚だから。さあ、これからヘラブナがどう扱われていくかにも注目しよう。

釣ったはいいけど始末に困る。食べられないし、飼える訳でもないし。」
正直、これが本音だろうな。アユもタイもおいしく食べられるからリリースしないんだよね? いわば海で釣れちゃう外道、それもゴンズイやフグみたいな嬉しくない外道と同じなのだ。

だったら食べればいいじゃん!
食べられるようにすればいいじゃん!!
少なくとも、食べさせればいいじゃん。


ブラックバスを食べたことありますか? 芦ノ湖のバスは文句なくおいしい。湖畔で釣り&キャンプをして、バター焼きで食べたバスはうまかったよ。
湖畔のレストランでブラックバス定食なんて出しているくらいだから、問題なく食べられる。元々そういう魚なのだ。例えば芦ノ湖畔のほん陣。琵琶湖博物館内のにほのうみ

これが榛名湖のバスになると臭くて食べられたものじゃなくなる。同じようにきれいな湖水をしているのに。
なぜか? 榛名湖のバスは腹にワームを溜め込んでいるから。バスを捌いた途端に臭い匂いが鼻をつく。食べるのをあきらめて捨ててしまった。ごめんね、バス君。

ここでふと思ったことがある。
琵琶湖のバス回収Boxのバス達はどうなるんだろうう。建前上は飼料に加工して養殖魚や家畜の餌になることになっている。私的にはバスの命を他の魚や家畜に与えており、ギリギリ許容範囲かな。家に持ち帰って猫の餌にするなんて、全然OK!
しかしバスの腹に溜まったワームはどうしているんだ? まさか全部粉砕して家畜や養殖魚に与えているんじゃないよね? そんなことをしたらプラスチックが永遠に生物の体を循環することになる。
ちゃんと捌いて腹ワタは処理しているんだよね? まさか飼料に再生するなんて大嘘で、焼却しちゃっているんじゃないよね???


さて食べられないからリリースする派の人達に提案する。
だったら誰でも食べられるようにすればいいじゃん。食べたくなるような魚にすればいいじゃん。簡単なことだ。

・ワーム禁止

それだけでバスはうまくなる。加えて湖底に打ち捨てられるワームもなくなる。バスフィッシングはハードルアーとワイヤールアーオンリー。な~に簡単さ。50年前に私がバスを始めた頃に戻るだけだ。「ルアーフィッシング黎明期」にも書いた通りだ。

できればハードルアーも木製オンリーになるといいね。そうすれば残念ながら根がかってしまったルアーでも、数年で自然に帰る。それに高価なルアーなら釣り人も必死で回収するでしょ。ワームなんかすぐ捨てちゃうもんね。
エコタックルとか言っているJBさん、割高のでかいだけのプラスチック製プラグを売っているメーカーさん、考えてみてはいかが? プラスチックのでかいだけのルアーを5000円以上も払って買うくらいなら、手の込んだ木製ルアーを10000円で買いたいな。

エコタックルにしてもJBプロの中には「トーナメントでは義務付けられているから使うが、それ以外では使わない」とかしゃ~しゃ~とブログに書いている人間がいたりして、何のためのエコタックルなのか子飼いのプロ達でさえ納得させられない状況だ。

なので己の今後のスタイルは決まった。

ハードルアー一本!

釣りは難しくなるかもね。いいじゃないか。バス釣りはもっと難しくていいんだ。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム