FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

45.魚類の遊泳速度と遊泳能力

(塚本・梶原(東大海洋研究所),水産土木 Vol.10 No1, 1973)


前回の「44.バスの遊泳能力はどれほどなのか?」に続き魚の遊泳能力についての論文を読解する。塚本らの研究は1973年。多くの研究に引用されている論文だ。ベイトフィッシュの泳ぎがバスと比べてどう異なっているのか、紐解いていく。
なお混乱を避けるため、論文中の記号等は「44.バスの遊泳能力はどれほどなのか?」のものに統一した。

(黒字:原文 青字:ころた


現在、多くの場合に使用されている魚の遊泳速度としては、瞬間最大遊泳速度最大持続遊泳速度の二つがある。前者はごく短時間だけ維持できる遊泳速度で突進速度(Burst speed)、あるいは単に最大速度ともよばれ、後者はかなり長時間遊泳を維持できる速度の中で最大の速度で耐久速度(Endurance speed)と称されている。

多くの魚類では突進速度は10TL/s前後で(TL :測定魚の体長(cm))、サケ科やサバ科の魚類は10TL/sをこえる値をとる。また、耐久速度は一般に2~3TL/sであるがニシンやサケ科の魚類では3~4TL/sである。

任意の遊泳速度で魚を長時間遊泳させることのできる装置を使用して、各遊泳速度(Ⅴ) における遊泳持続時間(t)を測定し、遊泳速度を横軸に、遊泳時間を縦軸にとってグラフにプロットすると、多くの魚ではⅤとiの関係を示す遊泳曲線が得られる。図一2に淡水魚5種の遊泳曲線を示す。
曲線の高速部分ではⅤに対してtの変化率は小であるが、ある速度以下にすると急にtが増大する。

45-図2

補足するとアユの場合では、瞬間最大遊泳速度は170cm/secに達するが、それを維持できる時間は数秒間となる。同様に135cm/secの速度においても持続時間はせいぜい50秒程度。それよりも低速では持続時間は急激に増え、110cm/secなら1800秒間泳ぎ続けることができる。
対してブルーギル瞬快最大速度110cm/sec、1800秒間泳ぎ続ける最大持続遊泳速度は55cm/secでしかない。まともなアユは絶対にブルーギルには捕まらない。バスは?それは後ほど。

魚の遊泳能力は瞬間最大遊泳速度と最大持続遊泳速度の両方を勘案すべきという観点から、遊泳能力を各遊泳速度における遊泳時間の総和であると考えると、
遊泳曲線によって囲まれる面積が遊泳能力に相当する(図-4)。

45-図4

45-Vt
遊泳能力は①式をt=0から耐久速度の測定単位とした60分, t=3600までの定積分で表わされる(図-4)。すなわち
45-ΣV
によって計算される。②式によって実際に計算された値は、多くの魚で10000以上になるので10000でわった値をとり、これを遊泳能力指数(SAI : Swimming Ability Index)と呼ぶ。図一6にSAIを用いて表わした遊泳能力と体長の関係を示した。

45-図6

例えて言えば、陸上選手に100m走を走らせた後、引き続いて1時間の長距離走をやらせ、合計1時間で走った距離をSAIとしたようなもの。高校のマラソン大会にも必ずいるよね。最初の100mだけダッシュして、後はチンタラ走る奴。少し頭を使えば「最初にダッシュしたってトータルは変わらないじゃん」と考えるけど、ここはあくまでインデックスだから。それにここでの魚はBurst SwimmingとEndurance Swimmingは分けて測定しているから。10種競技に近い考え方かな。

当然、魚の体調が大きくなるほどSAIは大きくなる、すなわち遊泳能力は高くなる。これは前回「44.バスの遊泳能力はどれほどなのか?」でも紹介した通り。しかし魚種による差も現れており、図-6の範囲内ではアユが最強となる。


ではブラックバスは?
次回はブラックバスと他の魚種の遊泳能力を比較し、どんな魚のどんな状況ならバスが捕食できるのか、しようとするのかを考えたい。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム