FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

46.バスとベイトフィッシュの遊泳能力比較

44.バスの遊泳能力はどれほどなのか?」「45.魚類の遊泳速度と遊泳能力」でブラックバスおよびベイトフィッシュであるアユやブルーギルなどの遊泳能力についての文献を紐解いた。では問題の核心である「バスはベイトフィッシュより遊泳能力が劣っているのか?」について分析していこう。

「44.バスの遊泳能力はどれほどなのか?」で示されたブラックバスの遊泳能力を表す指数は、17.0cmのバスについて実測された瞬間最大遊泳速度
Burst speed=98.6 (cm/sec)
がある。また、このサンプル魚の耐久速度をmatsunagaらの示したFig.3から読み取ると、
Endurance speed=45.9 (cm/sec)
となっていた。

これを「45.魚類の遊泳速度と遊泳能力」の図-2上にプロットしてみよう。

45-図2c

元文献の塚本・梶原(東大海洋研究所)は種々の速度についての遊泳時間を測定しているのに対して、オオクチバスの実験を行ったMatsunagaらのデータは2点だけ。また元々実験系が異なるので両者のデータを同一視することはできない。それを承知で比較すると「17.0cmのバスの遊泳能力はブルーギル以下、キンギョ以上」となる。

では40cmのバスではどうなるか?
「44.バスの遊泳能力はどれほどなのか?」では遊泳速度は体長に比例するという立場を取っている。そこから単純計算により求めた瞬間最大遊泳速度と耐久速度は、
 Burst speed=232 (cm/sec)
 Endurance speed=108 (cm/sec)
これまた無理を承知で図-2上に破線でプロットしてみた。

45-図2d

バス最強!
いやいや、これは無理がある。17.0cmのバスのデータは信頼できるにしても、それを40cmのバスに延長しようとした「遊泳速度は体長に比例」という原則は、ここでは成立しないと見るのが正しいだろう。前述の通り実験系も違うのだし。


こういう時には他の文献を調査するのが常道だ。すると「魚道の設計に資する淡水魚類の耐久遊泳速度」(鈴木(建設省東北地方建設局河川情報管理官),土木学会論文集 No.622/Ⅶ-11,1999.5)が見つかった。

鈴木は種々の魚に対して実物大の試験用魚道における耐久遊泳速度を測定した。ここではその速度で60分間遊泳させた時に複数のサンプル魚が100%その速度に留まれた時、その速度を耐久遊泳速度と定義した。魚種はイワナ、ウグイ、オオクチバス等の12種。これを種々の速度に設定した試験水路で遊泳させ、60分間でどれだけの魚がそこに留まっていたか、あるいは流されていったかを観察した。サンプル数は様々だが、オオクチバスは10尾、ウグイは50尾を放った。

その結果の一部を図-10に示す。

46-Fig1.jpg

オオクチバスであれば45cm/sまでは全サンプル魚が水路に留まったが、70cm/sになると1匹も留まれなかった。即ちバスの耐久遊泳速度は45cm/sとなる。イワナ・ウグイは85cm/sなら100%、100cm/s以上となると0%となる。

バス、耐久力無!

このようにして求めた耐久遊泳速度が以下の通り。

46-Table1.jpg

バスはやはり最低ライン。小さなホンモロコやカワムツにも劣る。ちなみにカマツカの耐久遊泳速度がやけに高いが、これはカマツカが底面にへばり付いて頑張っていたため、流されずに済んだという事であり、そこで泳いでいた訳ではない。念のため。

このオオクチバスの耐久遊泳速度はmatsunagaらの求めた17cmのバスのEnduranse Speed=45.9cm/sとほぼ合致する。

では魚の体長と耐久遊泳速度の関係はどうであろうか。
鈴木は実験結果を図-12としてまとめた。オオクチバスのデータについて見やすくするため赤マークで表した。

46-Fig12b.jpg

図上には耐久遊泳速度:Veに対して、魚の標準体長:SLとの関係を1次式で表した2本の直性が引かれている。すなわち
Ve=5 SL と Ve=1.7 SL
確かにこの2本の直線の間にデータはほぼ収まっているが、かと言って単純な相関関係があるようには見えない。実際、10cmのオオクチバスは耐久遊泳速度=65cm/sなのに、30cmのオオクチバスは55cm/sとなっている。

もちろんサンプル数不足によるデータの揺らぎの影響もあろうが、単純に「体長と遊泳速度は比例する」とは言えない。それは耐久遊泳速度にも最大遊泳速度にも言える事だろう。

鈴木はここに体重や体形の影響を勘案した実験式を導入して説明しているが、今ひとつ私自身が納得できていないので割愛する。興味のある方はこのリンクを参照されたし。


長々と述べてきたが、要は40cmクラスのバスの最大遊泳速度は求められていない。「44.バスの遊泳能力はどれほどなのか?」では、40cmのバスの最大遊泳速度を232 cm/secと推論したが、どうも不適正な値だったようだ。実際にはそれよりかなり小さい値になるだろう。

ちょっと面白いので、さらに追跡調査してみる。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム