FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

こんな時こそロッキンチェアフィッシング! (Vol.2)

Vol. 1雄蛇ヶ池へのロッキンチェアフィッシングを始めたが、まだ何も決まってはいない。先に進もう。
季節は6月初旬、梅雨入り目前。湖は既に初夏の雰囲気だ。特に2020年は暖冬で全国的に湖の季節進行が早い。要は水温が高めで推移している。バスはほぼスポーニングを終え、体力の回復を待っている状態だろう。ならば彼らはスポーニングエリアの周辺で、身をひそめる場所のあるエリアにいるに違いない。

では雄蛇ヶ池のスポーニングエリアはどこで、ポストスポーニングのポイントはどこか?
雄蛇ヶ池ほどのメジャーレイクなら、ポイント解説は山ほど出ているのでそれを見れば答えは一発で分かる。が、それではロッキンチェアフィッシングにならんのだよ。現地に行かず、現地情報も一切見ずに戦略を練る。そして釣り当日のあらゆる条件を仮想して、釣りのタクティクスを構築する。それこそがロッキンチェアフィッシングの面白さなのだ。

改めて地図と航空写真を見てみよう。
写真

お馴染みのGoogle Map でもよいが、Yahoo Mapだと以下の地形図が手に入る。これがとても重宝だ。

地形図

Vol.1 でも述べたように雄蛇ヶ池は房総半島の付け根、東京湾側と九十九里側を分ける分水嶺の上に位置していて、地形図上では大きな流入河川はないようだ。それでも内養安寺地域の雨水は雄蛇ヶ池に流れ込むしかない地形なので、明瞭な流入河川はないものの伏流水として雄蛇ヶ池に注いでいるものと思われる。ここは一つ、考える上でキーになる。
ただし水底面の状態を推定すれば、全体的に浅い雄蛇ヶ池の中でも岸からだらだらと遠浅なシャローが続き、しかも底面は泥土なのではないか。その点はスポーニングには適さない。プリやポストの季節のフィーディングエリアとしては大いに期待できると読んだ。
そして、浅いシャロー、風を避けられるワンド、伏流水の存在(の可能性)、という条件から、夏季には一大べジテーションエリアになる事が推定できる(ソウギョの食害が収まっていれば。。。)。リリーパッドを打ち抜くようなゲームをしているバサーも多い事だろう。

しかし、「32.真夏のベジテーション攻略法は大間違いだった!」で紹介したように、そこにはバスはいないと言う可能性も考えておこう。べジテーションの下は酸欠状態になるのだ。

ではどこを狙う? 地形図から見ると南側の大きなワンドにはシャローが広がり、底面は泥土と推定される。バスがスポーニングエリアに選ぶだろうか? ならば北側はどうか。北側はほぼまっすぐな湖岸に山地が迫る。地形的にはこのエリアはハードボトムではないか?そして航空写真では大きなインレットは確認できないが、山からの小さな流入はいくつかあるはずだ。小さなワンドを伴って。

まずはこのスポットを狙いたい。
6月5日現在、千葉県では10日前の5月26日から過去1週間は梅雨のような雨が続いたが、この1週間は雨は降っておらず、最高気温25℃以上の夏日が続く。雄蛇ヶ池北側の小さな山からの雨水はもう尽きただろうが、そろそろバスにとっての適水温を超える頃だし、北面のシェードとブレイク、インレット筋に身を潜めてベイトを待っているはずだ。
午前中はここでいい。小さなインレット跡、岬やワンドを全てチェックだ。

午後は? 前出の、「32.真夏のベジテーション攻略法は大間違いだった!」の通り、ウィードエリアに狙いを切り替えよう。リリパッドだけでなく、水中に沈むウィードも夜間は酸素を吸収し、水中の溶存酸素量を減少させる。朝一でウィード内を狙うのは、実は理にかなってはいない。
午後の日差しを受ければ、もちろんそこは魚に絶好の環境となる。ウィードを狙うのは午後だ。

リリパッド? 今の季節の南風では私は狙わない。北風が吹いてリリパッドの北縁に風が当たれば、縁を狙おう。真ん中は無視だ。
前日にでも雨が降って伏流水が期待できれば、ワンド最奥までボートを漕ぎ進めるかもしれない。あとはパッドの密度と水深を見極めながら臨機応変に。

以上が地形図と気象情報を元に立てたタクティクスだ。なので実際の、雄蛇ヶ池がどうなのか、近頃の釣りの状況がどうなのかは全く知らない。
でも面白いでしょ? いろいろな事を調べて考えるだけでも立派な釣り、これぞロッキンチェアフィッシングなのだ。
さあ、あなたも今日からロッキングチェアアングラー!
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム