プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から
バスリンク

2.魚類の色彩感覚について

 人における色の認識においては、原色と呼べる色が4つ存在する。赤、青、緑、黄の4色であり、これらを、unique color と呼ぶ。これは物理的な意味ではなく(例えば緑は黄と青の混色となる)、認識的な意味で用いる。つまり純粋な緑を見て、緑以外の色の要素が浮かんでこないという事である。これに対し、紫等の他の色では、その色から他の色を連想させることから、unique color とはならない。

 ではそれらの色情報を、どのように受容しているのだろうか。色情報の受容器である錘体には、人の場合では3種類の色素が含まれており、各々の吸収波長域が異なっている。図1にそれら3種の錘体における吸収スペクトルを示す。いわゆるR(赤)G(緑)B(青)を各々ピークとする吸収スペクトルになっている。つまり各錘体はそれらの波長の光にのみ反応する。
各錘体で3種類の波長ごとに受容された光は、視神経を経由して脳に到達し、ここで画像情報に再構築される。この信号処理方法については何説かの学説がある。その中で我々にもっとも受け入れやすいのは、RGBの3原色を混合する事で、すべての色を表現できるという、いわばテレビカメラにおける画像表現と同じ手法により、脳内で処理されているという説である。
ntsc2.gif



 さて魚類における色認識についてである。まず魚類の錘体における反応スペクトルであるが、人と同様、3種類のピークを持つ3種類の錘体に分類される。ただし反応するピーク波長はRGBではなく、より長波長側にシフトした赤、橙、緑となる。つまり魚類の見ている色世界は、人のそれよりも赤から橙、黄のスペクトル域についての色分解能が高く、逆に青に近いスペクトルには感度が低い。(鯉、鯛についての研究結果)

 こう書くと、思い当たる節もあろうかと思う。バス用のルアーの色にはなぜか橙から緑の色が数多く、また細かな色区分で存在している。一方青系統のルアーは思いの他、少ない。パンプキン、アボカドグリーン、チャートリュース etc.これらの色が多いのは別にルアーメーカーが上述のような魚の色感を知っていたからではないだろう。長年の試行錯誤の末、生き残ったルアー達なのである。これらがよく釣れるのは、これらの色が魚によく見えるからなのである。
ただし、第1稿の錘体と桿体の分布を思い出していただきたい。魚にとって色を認識できるのは自分の正面の限られた角度であるということを。やはりなにより、バスが今、どこにいるのかを探し出すことが先決なのだ。

 もう一つ、色感覚についての情報。水は無色のようだが、実はスペクトル特性を持っている。水そのものと言うよりは、水中の微少な不純物による散乱が原因なのだが、水深が深くなるにつれ波長の長い光(即ち赤に近い色)が減衰され、波長の短い青みがかった世界になる。これは直感的にも理解できるであろう。この状態では、赤に近い色はみな黒く見えることになる。ディープな(条件にもよるが10m程度)釣りでは、赤、オレンジ等はあまり使い分けても意味がない。

 では、バスへのタクティクスとしてまとめよう。
1.まずはバスのいるポイントを探し出す。この時にはバスに見えやすい黄色~緑系のカラーが有効となるはず。
2.カラーチェンジをする場合は、黄色~緑では微妙な色の変化が効果を示すかも。赤からのチェンジなら大胆に違う系統のカラーに。
3.ディープな釣りでは緑~青系のカラーが有利となる。
  念のため、波長の長い方から色を並べていくと、虹の七色は以下の順になる。
  赤、オレンジ、黄、黄緑、緑、青、紫   


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村バスブログ
バス記事満載、バスブログはこちら
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム