プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

ロッキンチェアアングラー 常陸利根川釣行計画を練る

行くよ行くよ! 明後日の土曜日、4月15日に利根水系にバス釣りだぁ。今回は会社の後輩たちとミニコンペ。楽しんできましょうか。で、どこへ行くかと言うと常陸利根川下流域。後輩の一人にここの某ドック一辺倒のヤツがいて、何があってもここに行きたがる。
「いよいよスポーニングだな。内ドックにいこう。」
「ポストスポーンできびしそうだな。内ドックだな。」
「梅雨の雨もいいものよ。内ドックで決まりだ。」
要はいつでもどの状況でも内ドックな訳。思考停止してます。俺的には全く面白くないのだが、今回はお客さんの立場なので、おとなしくついていく。

しかしロッキンチェアーアングラーとしては調査検討を進めない訳にはいかない。今回も入念に戦略を練る。
まずは気候だ。基本だね。気象庁のデータを引っ張り出すと、一昨日の4月11日まで5日間、低温と雨が続いたものの、昨日以降は春らしい天気になるようだ。しかし一昨日の冷たい雨と強い北風はポイントになりそうだ。今日現在の常陸利根川の水温は14℃で安定している。ちなみに水温・水質のリアルタイムデータは、Fishuing Labo Net で入手できる。
もう一つポイントになりそうなのが常陸川水門の動き。霞が浦河川事務所のHPに水門の操作情報が載っていて、今週は水~土曜にかけて毎日、水門を開ける予定だ。これは影響があるだろうな。

さあ推理ゲームだ。現地の気温は4月初旬までは最低温度3~5℃、最高は10~13℃で推移していた。4月5~7日に最高気温20℃という日が続いたかと思いきや、8日からは冷たい雨が続いた。特に11日は冷たい雨と強い北風だ。
さらに、常陸川水門は先週も2日間開門されている。そして今週は5日間に渡って開門。土曜日も8~14時に開門予定だ。湖は翻弄されちゃったね。
もう一つある。利根川流域は蓮根の一大産地だが、その植え付けはまさに今の季節に行われる。もう分かるよね。どぶ泥の蓮田が搔きまわされている時にあの雨だ。あらゆるインレットには泥水が押し寄せたであろう。そして水門が開かれたことで、その水が本流に流れ込む。冷たい雨を含んで。
今回、インレットはダメだな。水温は14℃を越えてきており、バスは間違いなくスポーニングを目指して浅瀬に上がってくるはずだが、この雨が待ったを掛けるのではないか。この2,3日の好天がどこまで状況を良くしてくれるかだが、俺はあまり芳しくないと予想する。ではバスはどこへ?
スポーニングに向かっているとは言っても、まだベッドは作っていないだろう。産卵に向けて体力をつけるべく、荒食いをするところだったはずだ。気温がす~っと上がっていれば、バスはスポーニングエリアの浅瀬で盛んにベイトを追うという、パラダイスのような状況が期待できた。が、あの雨だ。シャローに行きかけたバスはUターンしてブレイクラインまで後退しているだろう。あるいは澪筋やストラクチャを見つけて潜んでいるか。

逆にこの3日間の高温と日差しが幸いして、シャローはパラダイスに戻っている可能性もある。キモは当日の気温と水温だな。温度計を忘れないようにしよっと。よし、14.5℃以上ならシャロー、芦際へラバジとヘビーテキサスを撃ち込みまくりだ。14℃を切るようなら2,3mのブレイクラインをヘビースピナベかクランク。ヘビキャロでフォローするのもありだ。
そして場所選定。常陸川でスポーニングエリアは? う~ん絞りにくいな。ドックの中でも水底がよい場所なら産卵するのだろうが、ドックは所詮釣り堀だし面白くない。俺なら横利根水門か与田浦、いっそオキニの横利根閘門だな。あまりひねった選定じゃないって?そうだよ、王道を行くのだよ!
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム