プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から
バスリンク

ロッキンチェアーアングラー 北浦を攻める


「下流はだめだ。北浦まで上ろう。」
と言う事で午後は神宮橋から西岸を上っていく。まずチョイスしたのが新宮ドック。神宮橋から釣りのできる最初のドックという安易な選択理由。う~ん、俺がバスならこんな所にはおらず、対岸の爪木之崎に行くね。あそこまで500mはひと泳ぎ。
とは言うものの水は常陸利根川よりはだいぶいい。ちょっとやる気を出して水門から続く堰堤際を攻める。クランクベイトが1本、あとは必殺の下ラバジ 上ツネ(レギュレーション違反ってか)。だってアラバマジグがOKなら、これもありでしょ。使い方は大き目の上下動。ラバジをバスに見せておいてからのツネ。もしくはその逆。いわば一人時間差攻撃

IMG_20170415_101122.jpg

で、これがさく裂!ついに来ましたよ。遅ればせながら今シーズンの1本目(釣行は2回目ね)。堰堤際でラバジにトンッと小気味いい当たりをして、40cm弱のバスがヒット!。残念ながらカメラが起動せず写真はなし。綺麗な魚体のプリスポーンバスだった。
一方、釣り堀隊は2人がバイトを感じたらしいが、1人はバラシ、1人はフッキングに至らず。何とも煮え切らない結果だ。

ここも1時間ほどで場所移動。さらに上流に向かい、乱杭エリアに。芦原のシャローに続く乱杭と石積みが並ぶ場所で、いかにもスポーニングエリア。だが今日は水深が浅い。芦際はせいぜい15cm。これではバスはいないかなぁ、などと気にも留めずにゴム長で近づいたら何といましたよ。しかもつがいのバスが何組も。うわぁ、こんな浅瀬でネストを作るんだ。そしてもうスポーニングに入っている。確かに浅瀬なので水温は15.5℃あった。産卵しても不思議はない。
で、気を取り直して杭を攻める。

IMG_20170415_1409341.jpg

すると、下ラバジ・上ピンテールのリグにコン! 乗らない。しばらく続けているとまたコン! だめだ、フッキングできない。へったくそめ。ちょっと場を休ませるため他を釣った後、15分ほどで戻って来てもう一度。今度は下のラバジを極小スピナベに変えて再挑戦。すると、ガツン!今度こそ乗せられた。そして重い!杭に絡まれないように10lbのラインを慎重に操作し手繰り寄せる。あれっ、なんかファイトが鈍角的だな。ひょっとして・・・
ナマズ~。キャットかよ!まあやり取りを楽しめたからいいや。引き寄せると50cmほどのアメリカナマズ。下のスピナベに食って、上のフックが背びれに掛かっている。このリグはこういう効果もあるのね。こりゃあ逃げられないは。写真はボケボケ。
IMG_20170415_142048.jpg

同じ頃、釣り堀隊も岸際でナマズを釣っていた。なんだかなぁ。バスが釣りたいと釣り堀隊は再び下流へ。ここで3時。俺はそろそろお気楽モード。途中でコーヒーを仕入れてまったりと彼らの釣りを見物しよう。

で、やって来たのは朝一で彼らがやった鰐川の内ドック。すでに常陸川水門は閉じているので流れはないが濁りは激しい。やっぱ俺は見学だな。まったりとコーヒーとスイーツを楽しむ。30分ほどすると、突然雨雲が広がりポツリポツリ。しかも雷までなり始めた。
「やばいよ、引き揚げな。」
当りもなかったようで、いったん車に戻って様子見。今日は風が強いので天気の変化も早い。しばらくすると雨も上がった。再び移動。今度は鰐川が外浪逆浦に払い出す手前のドック。通称コの字。最後にちょっと遊ぶか。
ここではクランクで1本勝負。まぁはっきり言ってキャストの練習のつもり。ドックには女の子2人を連れた釣り一家4名様が先行。いいね、この風景。我々はじゃまにならないように別ポイントに入った。文字通りコの字型の内ドックで雰囲気はいい。俺はセンター狙いでキャスト。まあこの状況でクランクはこないわな・・・なんて気を抜いていたら、
 ガツン!
「えっえっ」
明確なバスのあたり。しかしあまりにも気を抜いていてフッキングも何もできない。人間、集中していない時はそんなもんです。1秒後にはバス君は元の場所に。
「あ~、しまったぁぁぁぁぁ!」
嘆いてみても後の祭り。まあ、自分的には今日の釣りはもう終わっていたんで。そんなもんでしょ。これで完全に終了です。

(反省会に続く)
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村バスブログ
バス記事満載、バスブログはこちら
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム