プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

北浦釣行を反省する

人は考える竿である。
ただ水辺に行ってルアー投げて魚が引っ掛かったと喜んでいては、シャケを取っている熊と変わらない。考えるんだ、感じるんじゃない!(もちろん感じる事も必要なのだ)

さて4月15日の常陸利根川・北浦釣行の結果は、
 バス:1 (40cm)
 ナマズ:1 (50cm)
 ヒット:1
 バイト:2
まあこの時期では情けないの一言だな。言い訳をさせてもらえば、
・1週前から降り続いた雨、それも冷雨
・当日を含め5日間にわたる常陸川水門の開放
・蓮田に植え付けのための注水、攪拌
・強い南風
結果、水はババ濁り、ド減水。
逆に当日のアドバンテージは、
・15時までは快晴。気温は20~25℃
・15時からのにわか雨&雷
それでも対策は打てたはずだ。ろくな戦略もなしに当てずっぽでエリア選択をした結果が上記だ。これをもう一度考えてみよう。

当りが出始めたのは午後。ポイントは2つ。
1) 場所を北浦に移した。常陸川水門は14時まで開放されたが、午後1時の北浦は、午前中の常陸川ほど減水していなかった。濁りは同程度。
2) 気温水温が上昇し、おまけに気圧が急激に下がった。雷が鳴らなければ釣りを続けていたが、おそらくかなり良い状況になったと思われる。

1)は当初目論見の通り。少し考えれば分かる事であり、まさに 「ロッキンチェアアングラー 常陸利根川釣行計画を練る」のまんまだった。俺一人なら絶対に常陸利根川のドックなんかに行かない。まあお客さんの立場で我儘を言っても大人げないけどね。では、どうすべきだったか。あるいは与えられたエリアの中で、どうすればよりよかったか。これは考えておこう。

大きなエリア選定では「釣行計画を練る」で示した通り、横利根閘門か与田浦だろう。これは当日の常陸利根川の様子を見ても変わらない。問題は強い南風か。横利根閘門なら水門際や北岸のワンドの奥なら、風をよけられそうだ。
与田浦はちょっときびしいな。まあ人の都合じゃなくてバスの都合を考えれば、そんなに悪い風じゃない。ただ釣りにくいだけだ。ならばどこにするか?北浦の様子を見るとバスはもうネストを作っている。そして 「14.移植されたコクチバスの繁殖特性」 で示したように、バスはネストを1mラインのカバーの近くに作る。であれば、狙いは与田浦最上流部、水生植物園から続くシャローの乱杭エリアだ。ネストのバスならフィネスにする必要はない。現に今回俺は全くフィネスをやっていないが、バイトはあった。ならば強風下でも釣りになる。
IMG_20170415_100939.jpg

逆に、与えられた北浦のドック廻りに限定したら、何ができたか。あながち打った手は間違ってはいなかったと思うよ。すなわち
・澪筋とブレイクラインのクランク&スピナベ
・芦際に逆ウェッピング
・石積み際にラバジ+ストレートのコンボ
強いて上げれば芦際攻撃を徹底できなかった事。あの強風下の逆ウェッピングは正直きつい。1ozでもきびしいわ。それに北浦の下半分の東岸に、ニーブーツ程度でアプローチできる芦エリアはあまりない。ウェーダーがあれば楽しいだろうね。

今週末は良さげだね。また強風に悩まされそうだが、気温水温ともにさらに上昇していて、おもしろそうだ。
あ~、今週も行きたい!!
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム