プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から
バスリンク

津久井湖釣行を計画する(前編)

時はまさにゴールデンウィークの真っ最中。後輩達も飽きもせず常陸利根川、鰐川といつもいつものドックを巡って来たようだ。リタイアマンの俺は好き好んでこんな時に出かけない。と、激混みの中でスキを見つけて3人が一応型を見たと報告が入った。まあね、この時期だから釣れてアタリマエなんだけどね。例によって例のごとくドックってぇのが何とも情けないが・・・。なぜシャローに行かない。なぜサーフェースで勝負しない。

しかしそんな話を聞くと、ロッキンチェアーアングラーの腕が疼きだす。では久々にバーチャル釣行に行くか。今回はどこにしようかな、と言う事でご近所の津久井湖に決定。慣れ親しんだ沼本ボートから手漕ぎで出船だ。沼本ワンドは大好きな釣り場。ワンドのシャローと芦原、島、リバーチャネル、崖下への小さなインレット、マンメイドストラクチャー、道志川本流・・・。ありとあらゆるスポットが点在し、そのどこにバスがいるのかを見つけ出す楽しさが味わえる。めっちゃしぶいんだけどね。
日時はそうだな、GWで叩かれまくった余韻が消える頃、5月15日にしよう。「8.オオクチバスの釣られやすさに見られる個体差」でも紹介した通り、バスは1週間は釣られた、と言うか刺激を与えられた記憶を残しているようなので。
5月15日の天気予報はまだ詳細に出ていないが、1か月予報では概ね晴れ、気温は高めという。水温や水位の情報は、沼本ボート津久井観光のHPを参照する。5/02時点の沼本ワンドは水位はほぼ満水、水温15℃。GW以降の日照と高気温により5/15にはもう1,2℃上昇しているだろう。水質はクリア、水位はゆっくり減水しているとのこと。そして特筆すべきはこの春、津久井は大減水していた。ワンドにまで水が入ったのはほんの1か月前、それまでは干上がっていたのだ。これをどう見るか?(画像は沼本ボートHPから)

suii_mansui.jpg
         満水時

沼本ワンド
         減水時

広大な沼本ワンドのシャローは恰好のスポーニングエリアであり、ベイトフィッシュも多いことから、本来なら今の時期は第一級のスポットとなる。しかし1月前まで草原だったと言うことは、、、。いや、いけるな。ウィードの再生力はすさまじく、1か月あればそこそこ回復しているのではないか。そしてほぼ1か月干上がっていたことが、むしろスポーニングには適した硬い底質に変えてくれたのではないかと推察する。ならばワンドを中心に組み立てよう。
狙いはネストバス。そう、ネストのバスは撃つべし!なのだ。[「アカゲザルの交雑種駆除」からブラックバスの現在を考える]でも述べたが、ネストバスは釣つべきだと考えているのだ。どう撃つか?私ならリザードのキャロだな。サスペンドプラグでもいい。これをネストに近付ける。見えればよし。見えなくても、ワンドの1mラインを中心にねちっこく。ネストのバスはベイトフィッシュを食べようとはしない。卵に近付く外敵を威嚇、排除するのだ。だからスコンと吸い込みはしないだろう。コツッと一瞬突いておわり。一瞬の勝負だ。ショートバイトとも違う。これを掛けるにはオフセットのフック1本では不十分。アシストフックを使おう。プラグのトレブルフックなら文句はないが、よ~く研いでおこう。
14.移植されたコクチバスの繁殖特性」で示した通り、ネストは集中的に1m間隔で並んでいる。1つ見つければ宝の山だ。そしておそらく、あくまで想像だが(仮説と言ってもいい)ネストのバスは卵を守るという本能に基づいて行動するので、隣のネストのバスが釣られても、あるいは自分が昨日釣られていても、目の前の敵は突きに来ると思う。ならばなおさら宝の山だ。
これは一度実験してみようかな。釣れたバスの(あくまで釣れたらの話)背ビレの一部を切り欠いてマーキングし、しばらくしてもう一度釣ってみよう。もう一度掛かるようなら、この仮説は成り立つことになる。

話は変わるが、沼本ボートの水位情報を見ると、上流の道志ダムの放流情報と共に、宮ケ瀬ダムの情報が載っている。あれっ?って思いませんか。宮ケ瀬ダムは中津川上流のダムなので、相模川と合流するのはずっと下流、厚木だ。なぜ沼本ワンドの水位に関係するのか? 実は宮ケ瀬湖と道志ダムの奥相模湖は地下の道志導水管で繋がっている。同じく宮ケ瀬ダム下の中津川と沼本のすぐ上流の道志川も津久井導水管で繋がっている。相模水系はこれらを総合的に管理して水量調整を行っている。だから宮ケ瀬ダムが放水すれば、その水は津久井導水管を経由して津久井湖にもやってくるのだ。
宮ケ瀬ダムの放流情報は国交省のダム情報ページ。相模ダム等の情報は神奈川県ダム放流情報ページを参照のこと。
これは平成10年開設、まだ運用から20年も経っていない。治水、水源利用は大いに結構なのだが、またまた自然を歪めちゃったね。ちなみに宮ケ瀬湖は全面釣り禁止だから。既にどこかのバカがバスを違法放流したようだが、頼むからこれ以上自然を歪めないでくれ。

話は大きく逸れてしまった。元に戻せば、5月15日の釣行は沼本ワンド一本でいいと思っている。それで釣れて釣れて、もう飽きちゃったら(一度でもそんな目にあってみたい)、逆にウンともスンとも言わなかったら・・・・

(後編に続く)
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村バスブログ
バス記事満載、バスブログはこちら
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム