プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

そう言えば村田基って・・・

釣りビジョン繋がりで、先週も出ていた村田基の昔のことをふと思い出した。
彼とは釣り具やのオヤジとただの客、それもたま~にしか行かない客という関係なので、俺は彼を知っているが彼は憶えちゃいないだろう。俺が北浦に通い始めてからだから、かれこれ35年近く前になるのか・・・

村田基は俺より1つ2つ若いはずだ。じゃ彼ももう還暦か。潮来釣り具に初めて行った頃は俺はまで20半ば、彼はいかつい派手な格好をしたあんちゃんで、まだウォーターランドも出していない普通の釣り具屋の店員だった。まだ店長じゃなかったはず。釣り雑誌には何本か記事を載せていたようだが、別に有名人という訳ではなかった。
その頃の北浦霞が浦はまさにパラダイス! ワンドのシャローでポッパーを投げれば30cmが飛びつくし、杭にスピナベを絡ませれば40cmがバイトする。あまりに釣れ過ぎて、人と違った変な方法で釣ることばかり競っていた。シュウマイ弁当のお魚醤油入れをルアーにしたり、胴付仕掛けにワームを何匹もぶら下げて、一度に何匹掛かるか競ったり。もちろん面白かったが、釣りとしての深みは感じなかったな。ある意味、今の方が面白いんだよ。

さて村田基の話に戻ろう。その彼がその数年後にはテレビに出だし、ウォーターランドも立ち上げた。ものの見事にバスブーム、ルアーブームに乗って見せた。その商才は大したもんだ、素直にそう思う。でもその頃の釣りの腕は大したことなかったんじゃないかな? こんなことがあった。彼がテレビの釣り番組に出始めた直後だから、1983,4年のことか。その時俺は後輩を連れて北浦でバスを釣り、翌日の月曜日には鹿島港に行って防波堤から何か釣ろうという事になった。で、潮来釣り具によって海用のルアーを仕入れ、鹿島港近くのサウナで一晩明かして鹿島港魚釣園に出かけた。平日だが夏休みということもあり、そこそこの釣り人で賑わっていた。俺達はバス帰りの道具のまま青物を狙おうとしていた。
まだその頃、青物やスズキをルアーで釣ろうとするとツノやラパラがせいぜい、それもほぼタダ巻きの時代だ。俺はそこでペンシルを使いトゥィッチングしまくった。偉そうだが、すごく偉そうだが、ルアーをトゥィッチングやジャーキングで見せると言うことを誰もやっていない時代だった。じゃなぜ俺はそうしたかと言うと、その前年までLAに住んでいて向こうで習ったから。で、これが大当りする。廻りの餌釣りやラパラタダ巻き師には見向きもしなかった魚が、俺のペンシルに群れを成して襲い掛かってくる(ホントだよ)。フッキングに持ち込んで足元の高い堤防から抜き上げると50cmほどのカンパチ!バス用のクランキンロッドでは限界のサイズだ。その後も面白いように追ってきて、とうとう70cmほどのカンパチが掛かってしまった。これはもう抜けない。であたりを見回すとタモを持っているルアーマンのグループがいたので、すいませんと言ってタモで揚げてもらった。我々はクーラーもなかったのでお礼にカンパチを上げることにして改めて彼らを見ると、なんと中心には村田基が! そう、ラパラタダ巻きマンは彼だったのだ。取り巻きの兄ちゃんからは、そんな釣り方あるんですか、みたいなことを言われたのを覚えている。
その後、村田基は「釣りロマンを求めて」とかでジャーキングを紹介していたが、あれは俺のを盗んだんだ。(と言っておこう)

その後も何度も潮来釣り具で遭遇するが(アタリマエだな)、俺が40過ぎて(ってことは村田も40くらい)潮来に行った時は彼は人気者で、店内で客の対応をしながらインカム付けてアナウンスしている。お客も満員だ。で、村田は基本アホなので、電話も同じインカムで話していてご丁寧に店内放送していた。普通放送は切るだろう・・・
「あ~今日は6時で店仕舞うから、それからベルファーレ行こうぜ。先にポンギに行っててくれよぉ。」
あんた、いくつになっても元気だねぇ。そしてアホだねぇ。
関連記事

COMMENT

Re: No title

いやぁ、大昔の話なんで忘れてあげて下さい。
でも先月に潮来釣り具に行った時にも村田氏が店頭に出ていて若い女の子にレクチャーしていましたが、デレデレで見ていられない。。。店の前にこれ見よがしにまっ黄色のファイアバードだかコルベっトだかが置いてあるのも、彼らしかった。

要は60になってもあんまり変わっちゃいなそうです。(あっ腕は確かですよ。そこはもう疑いようもなく)

No title

村田さん、やっぱり見たまんまのの方なんですねぇ(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム