プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

ルアーフィッシング黎明期 その2 : 人生初バスはメップスミノー

 中学に進学した。地元の中学校ではあるが、今や日本一難しいという入試を潜り抜けなければならない私立中学だ。でも入学してしまえばこっちのもの、日曜に釣りぐらいできる。釣りの本だって読める。まず手にしたのが憧れの常見忠先生による初心者向ルアー本。名前は忘れたが、挿絵が多く入っているテキストのような本だった。中心は湖でのトラウト。バスについても書いてあった。するとどうやらバスを狙うのならスプーンではなくプラグだと。当時の本は今のようにあからさまにメーカーのルアーをよいしょしていなかった。らしいイラストは載っていたので、それを頼りに準地元 北千住の上州屋本店を探しまわる。
 まずはラパラ。真っ先にフローティングの金黒と銀青を買った。中学生になって小遣いが増額したのが嬉しくて仕方がない。それ以降、毎月1個ずつルアーが増えていった。ボーマーベイト、ジタバグ、ザラスプーク。スプーンならトビー、ダーデブル。スピナーも買ったよ、ブラックフューリー、メップスミノー。どう、この統一感のなさ。ほぼ手あたり次第だった。

 実釣の方は中学生の身ではなかなか行けなかった。そして小学6年生の相模湖での初体験からはや1年。中1の夏休みにそのチャンスは訪れた。家族で山中湖に1泊旅行に行くことになり、俺と父親は釣りが目当てで道具を積み込んだ。1日目は観光スポットを回り、山中湖畔に泊った2日目の早朝、俺と父親は釣りに出かけた。今回は陸からの釣りだ。ボートの上の父親に遠慮することもない。場所はたしか平野ワンド。遠浅で水草が茂るワンドを(当時はシャローなんて言葉もない)ゴム長の中に水が入るのも気にせず歩き回る。買い揃えたルアーは総動員。パターンもポイント適正もあったもんじゃない。手あたり次第に投げる。スプーンもスピナーも。
 そして日が完全に昇り、そろそろ朝食におにぎりでも欲しくなってきた頃、遂にその時が来た! ポイントはキャンプ場前。芦を縫うように引いていたルアーに突然ガツン! 一気に血液が沸騰する。指先が震える。硬めのグラスロッドを介して伝わるバスの鼓動。それまでの13年の人生において、この時ほどの高まりを覚えたことはなかった。いや、その後の人生でも、この時を超える興奮はあっただろうか。
 そして手繰り寄せられたのは35cmほどのブラックバス。初めてこの目で見るバスは、猛々しい生き物に思えた。そしてその口元にはメップスミノー。そうなんとスピナーだったのだ。誰かに自慢したかったが、周りにはバスを狙っている釣り人なんか一人もいない。父親のヘラ釣り座ははるか遠くだ。常見先生の本には「バスフィッシングは Catch & Release が基本」と書いてあったので、ホントは持って帰りたい処をその場で放流。写真くらい撮っておきたかったなあ。

mepps mino


 その後、このメップスミノーは俺の必殺アイテムになっていく。確かによく釣れた。でも今考えると、その頃のバスはそこに居さえすれば何でも食ってきた。要はたまたまバスの前を通り過ぎたのがメップスミノーだったんだろう。必殺アイテムになったのも、それだけ数多く投げ込んだという事だったんだ。


関連記事
CATEGORY:釣れづれなるままに

THEME:釣り | GENRE:趣味・実用

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム