プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から
バスリンク

ルアーフィッシング黎明期 その8 : バスフィッシングの変遷

 長い事バスフィッシングをやっていると、釣りテクニックの変遷を自ら体感することになる。思えば日本にワームがなかった時代から超ビッグプラグ全盛の現在まで、幾多の釣りテクの栄枯盛衰があった。知っている限りではあるが、それらを追っていこう。ただねぇ、昔過ぎて年代が薄憶えなんだよねぇ。

1970年代
 ルアーフィッシング黎明期 その4でも触れたが、日本に初めてワームを紹介したのがテツ西山氏。1974年のことだ。それ以前は当然ハードルアーオンリー。釣り方も投げては引く、ただ引く。ラパラ、ジッターバグ(フレッドアーボガスト)、ビッグオー(コットンコーデル)、キラーB(バグリー)、マグナムトーピード・スーパーソニック(ヘドン)・・・。どれもまだまだ現役でいけそうだ。70年代前半は俺はまだ高校生。日本にバスもあまりおらず、釣れない日々が続いたなあ。
 
 そんな中、テツ西山氏がイレブンフィッシングの中でワームを紹介した。これがバカみたいに釣れていた。バス釣り=釣れないという図式の時代にである。放送後にトリックだろうと投書がたくさん来たそうだ。で、70年代後半には日本でもワームが発売された。当然アメリカ製。あまり種類はなく、リングワームとカーリーテールくらいだった。値段は安かったがすぐにだめになった記憶しかない。俺は昔からワームはあまり好きじゃなかったんだ。

1980年代
 日本にルアーフィッシングが定着し、知らぬ間にバスのいる湖も増えて行った。バス人口も増えたが、それ以上にバスは増えた。80年代前半は日本でバスが一番釣れた時代。どこに投げても食ってきたし、何を投げても釣れた。そう言えば村田基って・・・でも書いたが、アタリマエの釣りは面白くないとさえ思えた時代だ。うらやましいでしょ。
 1985年にはJBプロトーナメントが始まる。85~86年のトーナメント黎明期の勝者には、林圭一、泉和摩 、菊元俊文 、鈴木知司 等々。 今江克隆、田辺哲男、沢村幸弘、下野正希 、反町裕之 の登場は1987年。まさに一斉に花開いたという様相だ。名前を列挙するだけでも当時のバスブームの興隆が感じ取れるだろう。
 釣り方もいわばストロングスタイル。今江のディープクランキング、林のフリッピング、田辺のシャローゲーム。チマチマしていたら負けなのよ。

1990年代
 世はまさにバスフィッシングブーム。ファッションのようにバス釣りをし、釣り場が増え、メーカーも増えた。休日の北浦霞が浦はラッシュ状態。そして突然、釣れなくなる。個人的にも全国的にも。バス人口が激増し、プレッシャーが極端に大きくなったのだ。加えてバカなバスマンの愚行に業を煮やした漁業者が次々と漁港を釣り禁止にする。負のスパイラルに落ちていく。
 すると様々に工夫を凝らす人が出てくる。その代表が村上晴彦。常吉リグやネコリグの登場だ。それまでテキサスだのキャロライナだのしかなかったワームテクに、新風を吹き込む。考えてみればただの胴付仕掛けやゴカイのチョン掛けなのだが、バスのワームでこれをやろうと言う人はいなかった。あっぱれである。
 
 それにワーム自身も変遷していく。この頃の流行りは、コンサバなグラブやリングワームに加え、パドルテールやチューブが出てきた。チューブって何故か今はあまりやらないが、ジグヘッドでのスパイラルフォールは効くんだけどなぁ。
 それにワームの巨大化! 6in,7inはアタリマエ。10inなんてバケモノを投げるようになる。今は亡き津久井の矢口釣り具のおやじさんが、「津久井で釣るんならフックは#5/0以上だから」って言ってたのを笑って聞いていたけど、彼は冗談でも何でもなかったのだ。

2000年代
 バスバブルが弾け、中小メーカーは倒産、撤退。そして2005年には外来生物法が成立し、ブラックバスはギルと共に特定外来生物に指定される。冬の時代の到来だ。これについては[ アカゲザルの交雑種駆除」からブラックバスの現在を考える ]でも触れているので割愛。
 釣り方、釣り具に関してのエポックはPEラインの登場だろう。1990年代から海用、特に船釣りには伸びの少なさと高感度から使われていたPEラインが、2000年初頭からバスフィッシング用に販売される。一度使ってその感度の高さに愕然としたものだ。それまでの高感度ラインであるフロロカーボは何だったのか、という感触。
 PEラインの細さ強さしなやかさはパワーフィネスという手法をもたらす。スピニングリールと軽量ルアーによるゲームは、それまでとは異なる感覚を与えてくれた。今はベイトフィネス花盛りだけど、原点はスピニング。みんなメーカーに踊らされていないか?

2010年代
 デカバスの逆襲! 俺の持論は22.仮説:デカバスは子バス淘汰が生み出すで述べた通りだが、理由はともかく湖にデカバスが戻って来た、そう感じている。琵琶湖、池原はもちろんのこと、亀山、津久井、早明浦あたりからサイズアップのニュースが流れてくる。
 これには釣法の変化も影響しただろう。ビッグベイトブームの到来だ。ジョインテッドクロー、ブリムスライド、i-Slide 等々。やたら高いルアーのオンパレード。ワームもしかり。矢口のおやじさん、アナタの時代が来たよ!


 俺自身はと言うと、あまり変わっていないな。相変わらずストロングスタイルだし。相変わらず釣れない君だし。ひとつ言えることは、プレッシャーを受け続けるすれたバスに、見たこともないようなルアー、見たこともないような技法を使うのはありだと思うよ。それは新しいルアーばかりじゃなくて、ここ10年は廃れてしまったルアーでも同じってこと。バスプロはメーカーに抱えられている商売だから新製品ばかり使わざるを得ないが、俺達には関係ない。先にも書いたが、チューブのスパイラルとかノーシンカースティックベイト(スラッゴーはよく釣れた)とか、逆に魚には新鮮じゃないの? 今じゃそう言うワーム自体が貴重品になっちゃった。

 次の10年、いったいどうなる事やら。願わくばバスとバスマン自身に安らかな時代であってほしい。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村バスブログ
バス記事満載、バスブログはこちら
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム