プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から
バスリンク

真夏の利根水系 実釣編:その2

 午前中を小見川閘門で過ごした後は、「真夏の利根水系 戦略を練る」で練った戦略通り、横利根閘門に向かった。しかしもう1点のポイントである[水田から抜かれた水を嫌ったバス]については、横利根までの道すがらチェックしていこう。水田からのインレットが近く、そこを嫌ったバス潜んでいるスポットは? 利根川沿いに上流に向かう途中で、いい処を見つけた。与田浦だ。3つある与田浦の湖の真ん中、十二橋の近い湖の奥に連なる用水と機場を見つけた。車を降りて周囲を見回すと、ここも水田の水は既に抜かれ、与田浦に流れ込む用水の水は白茶色に濁り、閉じられた水門の際にはあぶくも立っている。こりゃやはりインレットはダメだ。
 そしてその水門に隔てられた与田浦の水位は用水側より20cmほど低く、それでもほぼ満水だ。湖の水もマッディではあるが、生命感のある色をしている。水門のすぐ右に小さな船溜まりと指し網。左手に100mも行かない湖のコーナーには葦原が広がり、そこまでの岸壁添いに木杭が等間隔に並んでいる。そして今、葦原の左端では漁船が投網を投げて何物かを採っている。イサザアミかシラウオか、いずれにせよベイトはいるんだ。注文通りのスポットと見た。
 
 狙いは決まった。アプローチは岸壁と杭をスピナベで舐めていき、ピンテールネコでトントンと叩く。すると10分後、葦原の10mほど手前の岸キワキワを、底をするように流していたスピナベにコンッと明確なアタリ。軽く合わせるとロッドに重みが伝わった。バスだ! 難なく手繰り寄せたのは25cmのラージマウス。かわいくても1匹は1匹。(写真はない)

 さらに葦原に近付き、ペンシルを躍らせ、クロウのテキサスを葦奥に打ち込むも、ここは反応なし。それではと先ほど漁船が投網を打っていた葦原の左側に移動し、同様に攻めた。その左手には千本杭状の木杭がずっと続いており、これも魅力があったのだが今日の狙いはそこじゃない。再び葦原の右手に戻った。

 先ほどバスを掛けたポイントよりも葦に近いエリアにカットテールのスナッグレスネコを蠢かせていく。絶対いると信じて。すると程なく、ゴツン!明快過ぎるあたりに大き目の合わせをくれると、スピニングロッドが大きく水面に引きずり込まれた。デカい!引き寄せようとするが動かない。なにっ、何とも鈍重な引きだ。この時点でバスじゃないなと思っていたが、敵は4ポンドに調整したドラグをジリジリと引っ張り出していく。ポンピングしないと寄せられない魚に久しぶりに会った。こうなるともうソウギョでもナマズでもいい。
 そして15分、長いやり取りの末にようやく現れたには案の定ナマズ。それも80cmはある大鯰だ。ネットがあれば上げたのだが、手で触るのも嫌だったので無理を承知でラインを引き上げようとしたらプツン。ナマズ君、ごめんね。口の横幅だけで15cmはあった。掛け値なしで4ポンド以上だったと思うよ。5inのカットテールと比較してみて。

 IMG_20170812_161408.jpg

 その後もしばらく粘り、2回ほどあたりも感じたのだがフッキングに至らず。4時に予定の横利根閘門に移動した。
それまでのポイントではほとんど人に合わなかったのだが、横利根閘門はさすが人気スポット、人だらけだった。ちょっと来たことを後悔したのだが、逆に人が入りにくいスポットにバスが逃げ込んでいる可能性もある。それらを拾っていこう。10m置きに入っているバサーの釣りを見学すると、ほとんどがダウンショット、たまにシャッド。そして釣れている気配はない。一人のあんちゃんに様子を聞くと不機嫌そうに首を横に振る(挨拶くらいできないのかな)。ならばそれ以外を試そう。
 閘門での狙いは芦が背高く茂ったポイントの裏側。逆ウェッピングでラバジを投げ込む。まあ、そう簡単じゃないわな。終日曇りのこの日は夕暮れも早い。少し明るさが落ちて来たところで、沖目のブレイクに狙いを変更して重めのクランクとスピナベを遠投した。底にはいろんなものが絡みついて残っているらしく、2ケもロストしてしまった。もっと表層の攻めで良かったのかも。
 その後、薄暗くなるまで粘ったがノーバイト、ノーライズ、ノーベイト。戦略は外れたのかも知れない。そう言えば2時間ほどの間、閘門は1回も開かれなかった。水流も感じられなかった。それも戦略からは外れていた。

IMG_20170812_183030.jpg

             (その1 に戻る)

 今回は25cmバスと80cmナマズ(逃げたけど)。ナマズでもあれだけ引いてくれれば楽しいよ。次回はちゃんとランディングネットを持って岸辺に立つことにしよう。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ村バスブログ
バス記事満載、バスブログはこちら
 
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム