プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

あっちのドックは釣れるが、こっちのドックは釣れない、のは何故か?

 ホームグラウンドである北浦・常陸利根川水系には多数のドックが存在して、バスのポイントになっている。しかし、いつ行ってもほぼバスを掛けることのできるドックと、何回行っても釣れないドックがある。その差は何なのか? 考察してみよう。( と言うか、単独釣行の時には「釣れない、バスがいない」と思われるドックにはハナから行かないが)

IMG_20170907_111239.jpg


 例えば常陸利根川下流域の某ドック。ドック自体には何の変哲もないドックだが、バスのストックは多く、ほぼボウズを食らわない。それはなぜ?
ポイントは潮の干満であろう。川で潮流?と思うだろう。まして常陸利根川は常陸川水門により潮を堰き止めていて、利根川本流と同様に今は完全淡水化されている。しかし逆に潮の干満に合わせて水門の操作を行っているため、川の水位は潮の水位と共に上下する。満潮時には海からの逆流を防ぐため水門を閉鎖し、干潮時には開放する。よって常陸利根川の水位は潮とほぼ同期して上下するのだ。
 IMG_20170907_113844.jpg

 すると何が起こるか。ドックは呼吸をするのだ。常陸利根川の水位変化に合わせて、高水位時はドックには川からの深浅な水が流入し、低水位時には流出する。澱んでいるのが常のドックに新鮮な水が供給される。それだけではない。狭い水門を通る水流にドックの底に溜まっているヘドロ・ゴミが流される。ドックの澪筋にはバスの好きなきれいなボトムが出現することになる。よって後輩達がしきりに岸際やボート裏を狙っている中で、俺はもっぱら澪筋狙い。それが功を奏する時も、後輩にしてやられる時も・・・
 まあ、釣りは己が納得できるかどうかだから。偶然バスが釣れたっておもしろくないでしょ。自分の組み立てたタクティクスの証拠がバスなんだから。

IMG_20170907_113640.jpg
 
 しかしそれならば、常陸利根川下流部のドックはどれも同じだ。でもココは釣れてアソコは釣れない。じゃあココには何がある? 実はココは常陸利根川南岸で常陸水門から最初のドックなのだ。バスは基本的に岸沿いにマイグレーションしてくる。その彼らが最初にたどり着くのがこのドックになる。
 一方で川の北岸にはより多数のドックが存在する。もっと水門に近いドックもたくさんあるが、それらに実績があるかと言うと、そうでもない。言わば密度が低いのだ。バスが多数のドックに分散しているのだ。

 水門操作による水位変化は最大で50cm程度。ドックにとっては大きいよ。バスもベイトも水流に誘われて移動するので、水位上昇に伴い水がドックに流入している時はドック内を、流出している時はドック外を狙う。タイミングは潮位表と水門操作スケジュールを照らしあわせれば計画できる。スケジュールは。「霞ヶ浦河川事務所」を参照されたし。(以前の「釣れ釣れなるままに」でも書いたね。)
 雨が多くて常陸利根川の水位が高い時には、潮位とは関係なく水門操作をする時もある。下の写真撮影時には干潮時、海側の水位は常陸利根川の水位より1mも低くなっていた。水門操作は行われず、ドックの水位はほぼ変化なしだった。

IMG_20170907_114057.jpg

 などと考えながらポイント選定していくと、ここはダメそうでアッチはヨサゲなんて考えるようになる。それがはまった時のうれしさはまた格別。外れたら? また考えればいいさ。
 


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム