プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

琵琶湖のバス釣り有料化?

西の方が喧しい。
11月15日付け毎日新聞によると、「滋賀県知事が琵琶湖の外来魚釣りの有料化」の検討を開始するという。[宮本和宏守山市長が「釣り客はゴミも出すなど琵琶湖に負荷をかけており料金を取るべきだ」と提案し、三日月滋賀県知事が答えた。 ]と記されている。
行政は相変わらずステレオタイプの物の見方しかしないなぁ、と感心してしまうが、きちんと考えてみよう。

まず釣りの有料化については私自身は全面的に反対とは言わない。しかるべき金額にして、しかるべき金の使い方をするのであれば、有料化もアリだろう。そもそも我々釣り人は、湖や海に出かけてタダで魚を釣り、幾ばくかの負担をその地に掛けて帰っていく。良識のあるアタリマエの釣り人なら、ゴミを持ち帰る・釣り場を汚さない・何でも根こそぎ釣らない・違法駐車はしない・騒音は出さない、と言った配慮はしている。それでも根掛りした仕掛けや糸は水の中に残すし、交通渋滞を引き起こし排気ガスで空気を汚す。色々な負担を地元に掛けているんだという事を自覚するべきだ。
ましてここに愚か者が混じる。確かに多くはないだろう、と信じたい。が10人に1人、いや100人に1人の愚か者がいれば、それだけで湖や海を汚し、漁港を荒し、地元に迷惑を掛ける。私自身も釣り場で何人もの愚か者を目撃し、何度かは「ゴミは持ち帰れ」と注意して喧嘩になりかけたことがある。バカはどこまでもバカなのだ。そのようなバカは比較的簡単に見つかる。守山市長も見かけたことがあるのだろう。100人に1人のバカは釣り人の代表になってしまうのだ。

対して我々はどれだけの金を地元に落しているのか?大したことはない。せいぜいが食事代くらい。たまにはボートをレンタルするにせよ、釣りで潤っているのは釣り具メーカーなのだ。ならば地元に還元する手段としての入漁料なら払ってもいいのではないか。
別にバス保護のために使え、なんて言わない。環境保全のために広く使って貰えばいい。今さら河口湖みたいにバスの放流なんてのも不要だ。琵琶湖に住む外来魚が在来種に影響を与えていることは事実なのだから。(もちろんそれが在来種激減の原因の全てではないことは、「文献から読み解くバス」のあちこちで証明されている。)

県としての議論はこれからだろうが、入漁料の設定はそう難しいことではないだろう。一方、釣り具メーカーは大騒ぎするし、釣り団体も黙っちゃいるまい。しかし琵琶湖全体、釣りを巡る状況全体をよ~く考えて対応すべきだ。釣りは全面禁止、ブラックバスは税金をかけてでも底引き漁で一網打尽、なんてシナリオが最も愚かで最も非効率的だぞ。釣り人の欲求、地元の利益、メーカーのそろばん、在来種保護の立場、バランスをよくよく考えようよ。

逆に前出のバカ対策をどうにかしないか。シンガポールみたいに「湖をよごしたら即、〇〇万円!」でいい。厳罰に処さないと、こういうバカに再教育なんて無駄なんだから。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム