FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

ブラックバス、食えんのか!

Catch & Eat を志す今年のコロタ。
本当に食えるの?と言う方にご紹介。

まずはレストラン。有名なのは芦ノ湖の「おおば」と琵琶湖の「にほのうみ」。
湖尻にある「おおば」はかなり昔(30年以上)からバス定食を出していた。ブラックバスや ギルをフライにした定食。言われなければ普通の白身魚のフライだと思う。ただお値段が高めなんだよねぇ。ワカサギ定食より高い。材料費はタダ同然だと思うのだが、調理に手間が掛かるのかなぁ。

琵琶湖博物館の中にある「にほのうみ」では、バスもギルもアメリカナマズも天ぷらにして食べられる。まだ行ったことはないが、琵琶湖のバスの天ぷらかぁ。匂いヌキに何かやって調理しているのかな?ちなみにバス料理は要予約になっている。
ここは美味しい云々よりも外来魚駆除のプロパガンダ的に出しているのだろう。でも取ったら食う、は何の問題もないと思うよ。実際、アメリカじゃバスもギルもナマズもみ~んな普通に食べている。と言うか、リリースするも食べるも釣り人の自由だ。俺がかつて住んでいたカリフォルニアのCrystal Lakeでトラウトをリリースする人も、Irvine LakeでバスをBBQする人もいた。Cath & Releace がゲームフィッシングの鉄則だなんて誰も思っていないよ。

レストランじゃなく、釣り人は自分で捌け!と言うのが、「健啖隊」。好きだなぁ、こういう人。愛猫ニャゴラとの魚を巡る争い見ものだよ。

バス料理を出すレストランは他にもあるだろう。「在来種保護、釣り団体はどう考えている?」でも書いたが、外来魚再リリース禁止の湖なら、そこでバス料理を出したら?消費もされるし、釣り人に意外なおいしさを紹介できる。そういう地道な活動の方が、回りまわって在来種保護にも釣り振興にも繋がると考えるよ。
関連記事

COMMENT

No title

随分昔ですが、在来種含めて色んな淡水魚を食べてみようというノリが身内で流行ったことがありまして、自分も色々試したことがあります。
バスについては刺身もチャレンジしてみましたが、揚げ物が一番おいしかったです。
後にバスにも顎口虫が確認されたという論文が発表されて、青くなったのはいい思い出です(笑)

健啖隊、自分も好きですねぇ。
釣って調理して喰う。
水戸黄門のようなワンパターンな展開なんですけど、隊長のキャラ、コメントが飽きさせませんね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム