FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

28.プリスポーニングの傾向と対策

さあ春だ!(と言いつつ今日は大雪の春分)
こんな日こそ過去の文献を見直して、来るべきシーズンの戦略を練ろうではないか。という事で今回はアーカイブ見直し編。過去に紹介した文献から、この季節に参考になるものを再確認しよう。アンダーラインの文言をクリックすればリンク先の文献に繋がる。

まずは「10. 琵琶湖南湖の早春の水流と水温」。
早春の琵琶湖の水温と水質からプリスポーンの狙い処を推理した。湖の水流をマクロに見ると、意外な着眼点が見つかる。[密度流]なんて言葉、知っていた?他の湖でも参考にされたし。
akaino2.gif

ダイレクトにスポーニングエリアについて知りたければ、「14.移植されたコクチバスの繁殖特性」が参考になる。
ここでは長野県青木湖および野尻湖で行ったスモールマウスバスのネストの位置について。傾向を分析した。スポーニングに向かうバスを狙うにも、ネストに居つくバスを撃つにも参考になる。

じゃあスポーニングに入るのはいつ?という問いに対しては、「13.さくら湖(三春ダム)の水位低下がオオクチバスの繁殖に与える影響」を参照すべし。
スポーニングのよりミクロな狙い処が分かる。当然のことながら、釣りに行くには、そしてターゲットのエリアを絞り込むには、水温と気温がキモになる。

ベイトという観点からは、「20.茨城県北浦のヨシ帯における魚類群集構造の季節変化」にも着目してほしい。
プリスポーンのバスの乱食いエリアを特定できるし、Match the bait の参考にもなる。
20-Fig1.jpg

そんな文献を参考に、私ことロッキンチェアーアングラーは釣りに思いを巡らす。「ロッキンチェアアングラー 常陸利根川釣行計画を練る」みたいにね。
特に今日みたいにとてもじゃないが実釣には行けない日には最適だ。

皆さんもいかがです? そんなせこいマネはしたくない? あ~君らはまだまだ釣りを極めていないね。
関連記事

COMMENT

ありがとうございます(^^

 スマートルアー岡村です。
 お返事、ありがとうございます!!

>ただのオヤジの道楽…
 いえいえ、ご覧になっている論文数とかすごいです。
 釣りへのハマリ具合がとてもよくわかります!

 J-stageお使いなのですね。
 「ブラックバス」で検索するだけでも、たくさんヒットしますね。宝の山ですね!
 google scholarだと、英語中心ですし、閲覧が有料なケースも多かったので。使ってみるようにします!

 私が学生のころは、司書さんにお願いするか、大学図書館の端末で検索するしかなかったんですよね…
 ほんとスゴイ時代です。

 今後とも、よろしくお願いいたします!

Re: 素晴らしい記事、感動いたしました

岡村様

コメント、ありがとうございます。
ただのオヤジの道楽を絶賛して戴いて、恐縮至極です。
HPを拝見しました。とても面白く、また未来を感じさせる製品ですね。やはりお考えなのはビッグデータ化ですか?釣り人一人のデータは微小で厳密ではなくても、何千人が集まれば真実が見えてくる。ヤグチ電子のポケットガイガーと同じですね。素晴らしい!

岡村様は生物工学をちゃんと学ばれた方のようですからご存知ないとは思えませんが、私はJSTのJ-STAGEで検索しています。おかげで国会図書館にも大学図書館にも行かなくて済む。便利な世の中です。
 https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/

新しいビジネスの立ち上げにはご苦労も多いかと思いますが、色々な意味でやりがいのある仕事だと思います。
がんばってください。

素晴らしい記事、感動いたしました

ころた様

いつも楽しくブログ拝見しております。
岡村と申します。

こちらの記事も拝見しました。やはり、いつ読んでも「なるほど」と唸らされます。こう言った良質な論文、どうやって見つけられるんでしょうか?わたしも理系出身で、釣りに科学を役立てたいと思ってるので、探してるのですが、なかなか見つからず…
また、特に「20.茨城県北浦のヨシ帯における魚類群集構造の季節変化」における「ヨシ原ではシャッドが有効なのではないか?」という仮説に感服しました。ころたさまは徹底して科学的な釣りをしてらっしゃいますよね。

実は、わたしは現在、まさにころた様のような、科学的なアングラーにお使いいただけるような、センサー入りのバス用ルアー「スマートルアー」を作っております(会社HPをこちら(smartlure.co)にご用意しております)。

このルアーはスマホと連携するのですが、そのためのアプリのモックアップの最新版がちょうど、完成いたしました。これをぜひ、ころた様にお見せしたいのです。

もし少しでもご興味お持ちいただけましたら、わたしの会社用メールアドレス

yuki.okamuraあっとsmartlure.co

(あっとを@にご変更ください)までご連絡いただけますと、大変幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社スマートルアー
岡村雄樹

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム