FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

29.関西空港護岸域のスズキの移動と回遊

「超音波バイオテレメトリーを用いたスズキの移動と回遊の記録」
    (平岡ら,水産学会誌 69(6),910-916(2003) )

今回の論文もなかなか興味深い。バスではない、シーバスだ。関西空港周辺で採集したスズキに小型発信機を取り付け、放流後の回遊をトレースしたのだ。
スパイ映画でお馴染のシーンが既に海の中で行われていたのだ。スズキは食餌や産卵のためにいつどこへ行くのか。そこに何等かのパターンがあるのか。ならばどこへいつ釣に行くべきか。大きなヒントが得られるはずだ

(黒字:原文 青字:ころた)

29-Fig1.jpg
実験に用いたサンプルのスズキは関西空港東側護岸のタンカーバースでルアー釣りにより採集した。これを開腹し腹腔内に超音波コード化発信機を埋め込む。大きさは8.5×25mm、重さ2.2g。発信機からは90秒ごとに超音波信号が発され、これを関西空港周辺に設置した10台の受信機で受信し、いつどの個体が近づいたかが記録される。

29-Fig2.jpg

実験は2回にわたり実施され、2001年8月30日に9個体、同11月16日に11個体を放流した。試験個体の体長は435~740mm、体重は640~3270gであった。

29-Fig4.jpg

結果はFig.4のように表示される。例えばF5という個体はStation-5から放たれたが、すぐに6-7-8-9-10と移動していき、その後は受信エリアから離れてしまった。F6の個体はしばらくStatrion-6に留まった後、受信エリアを離れ、10月になって再び空港周辺に戻って来たが、その後は護岸を離れた。F7は空港周辺の移動を繰り返しているが、受信エリアを離れることなく空港周辺に居ついていた。このように放流後に空港周辺の受信エリアを離れて行った個体が10体、ほぼ空港護岸域周辺に居ついていた個体が同じく10体あった。

遊漁者の間ではスズキには一地点に留まる「居着型」と、広範囲に移動する「回遊型」の2つの行動パターンがあると言われている。護岸域に留まった個体において、小潮期に複数個体が沖合へと移動する傾向と、寒波,低気圧の到来に一致した沖合への移動が見られた。この行動パターンから、小潮期には餌料生物であるイワシ類、アジ類、イカナゴなどが空港護岸域に回遊しないため、スズキは沖合へ索餌のため移動したと推測される。

大阪湾でのスズキの産卵期は11~2月、盛期は12月下旬~1月中旬であり、産卵場所は大阪湾南部、西部の比較的外洋水の影響の強い海域とされている。1月上旬の複数個体が護岸域を離れている時期はこの産卵盛期である。1月上旬に見られた沖合への移動は、低気圧の通過、寒波の襲来に伴う混合により生じた急激な水温変化に誘発された産卵回遊であることが考えられる。

29-Fig7.jpg

以上は大阪湾のスズキの回遊についてだが、東京湾でも同様の生態を示していると考えられる。これまでをまとめると次のような戦略が立てられる。
・居付型のスズキと回遊型のスズキがいる。
・回遊型のスズキの内にもFig.4に示したF6のように、休息のために護岸域に立ち寄る個体もある。
・居付型のスズキでも、小潮期には護岸域を離れ沖合に移動する。
→ 岸からスズキを狙うなら、小潮は避けよ。
  逆にボートなら、スズキは居付型も沖合にベイトを追って来ている。ベイトの群れを見つけられればチャンスだ。
・1月の産卵期は湾入口の外洋水の影響の濃いの産卵海域に移動するが、それは低気圧の通過や寒波の襲来に喚起される。
→ 1月の低気圧時は家でおとなしくしていた方がよさそうだ。

バイオテレメトリー、恐るべし。もっと色々な魚でやってくれないかな。特にバス。で、探してみたら、あったよ。バスのテレメトリー論文。でもね英文なんだ。ちょっと読み解くのに時間が掛かるな。
という事で、次回のココロだぁ~。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム