FC2ブログ
プロフィール

ころた

Author:ころた
芦ノ湖と相模湖にしかバスがいない頃にルアーを始めた。師匠は常見忠、開高健(心の師匠ね)。吉田幸二よりは若い、ちょっとだけ。
30数年間の技術者としてのサラリーマン生活を終え、いまや悠々自適(と言うほど余裕はない)。技術者の悪い癖で理屈ばかりにやたらうるさい。当然、釣りも理屈詰めとなる。よって頼りにしたのは科学文献。文献検索を重ね魚類や湖、その植生などを紐解くと、出るは出るは面白情報の山。その一部をおすそ分けします。

HP復活から

MENU更新。だいぶ文献が溜まったからね。

MENU を更新しました。

読み解いた文献も30を超えたので、自分でも昔の文献を探しにくかった。
少しは整理されたかな?

ついでに私的に非常におもしろかった文献のBest 5 を挙げておこう。

3.琵琶湖における水温、水流の年間変化
 春から夏のサーモクライン、秋のフォールターンオバーの正体が分かる。

8.実験池におけるオオクチバスの釣られやすさに見られる個体差
 バスにも個性がある。よく釣られるバスと慎重なバスの差ってなんだ?

9.琵琶湖野田沼周辺におけるオオクチバスとブルーギルの胃内容物と糞中DNAによる摂餌生態の推定
 琵琶湖のバスを解剖して何を食べているのかを解析した。Mutch the bait は基本だね。

30.琵琶湖のバスの行動パターンを追跡する
 琵琶湖の冬バスに超音波発信機を取り付けて、どこを回遊しているのかを解き明かした。すごい時代になったねぇ。

32.真夏のベジテーション攻略法は大間違いだった!
 これも驚きの文献。そんなバカなという声が聞こえてきそうな内容だ。


科学文献を追っていくと、自分の経験やバス釣りの常識と思われていた事にそぐわない事例がいくつも出てくる。それを頭から否定してしまっては進歩はない。自分の釣りも科学界も。
 「もしもそうだったら?」
 「この事例とこの湖は何が違ったんだ?」
そんな目線で考えていけば、また新たな発見がある。
それこそが「考えるバスフィッシング」の楽しさなのだ。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

バスリンク
バス記事満載、釣りブログはこちら
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村 釣りの世界
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
検索フォーム